バンダイナムコエンターテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHDの10-12月IP別売上高、ドラゴンボール減少も...

バンナムHDの10-12月IP別売上高、ドラゴンボール減少も首位キープ ドッカンバトル5周年と家庭用新作で巻き返し ガンダムやライダー、ワンピースも伸長

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ


バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日(2月6日)、第3四半期累計(19年4~12月)におけるIP別売上高を発表した。グループ全体のIP別売上高をみると、『ドラゴンボール』が前年同期比3.1%減の879億円とトップだった。先行して開示されたアカツキ<3932>や東映アニメ<4816>の決算から『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の売上が低下している旨の記載があったが、それに沿った着地となったといえる。

 


なお、『ドラゴンボールZ』については、この第4四半期で『ドッカンバトル』で5周年イベントを開催しているほか、家庭用ゲームソフトの新作『ドラゴンボールZ カカロット』が1月16日に発売となっており、これらが業績に寄与してくる見通し。第4四半期の『ドラゴンボール』に関わる売上高は、前四半期比で30%増の346億円と大きく伸びる。四半期別の売上高の推移については下のグラフを確認してほしい。

 


このほか、『機動戦士ガンダム』が同3.3%増の627億円、『ワンピース』が同14.9%増の254億円、『仮面ライダー』が同12.9%増の245億円となった。決算短信での記載によると、『ガンダム』はハイターゲット層の商品が伸び、『ワンピース』や『仮面ライダー』などの定番IPの玩具が好調だったという。一方、『NARUTO』が同33.3%減の92億円、『プリキュア』が同19.2%減の59億円などの下落が目立った。



(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコエンターテインメントバンダイナムコホールディングス

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 田口 三昭
決算期 3月
直近業績 売上高7239億8900万円、営業利益757億7500万円、経常利益797億9700万円、最終利益576億6500万円(2020年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事