ドラゴンクエストタクト、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、新作パイプラインは3本 『ドラゴンクエストタク...

Aiming、新作パイプラインは3本 『ドラゴンクエストタクト』は「受託ではなく共同開発」 シリーズ初のタクティカルRPGで「目新しく映るのでは」と期待

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Aiming<3911>は、本日(2月14日)、2019年12月期の決算説明資料を公開し、3タイトルを開発中であることを明らかにした。そのうち、2020年リリース予定なのがスクウェア・エニックスとの共同開発タイトル『ドラゴンクエストタクト』と、中国のShanghai Giant Network Technologyと開発中の『Project:R』となる。資本業務提携を行っているディライトワークスとの共同開発タイトルについては開発中であるものの、リリース時期などは未定としている。

椎葉社長(19年7月に撮影)は、『ドラゴンクエストタクト』は「契約や配分を申し上げることはできないが、受託ではなく、共同開発案件」と述べた。シリーズ初のタクティカルRPGで、ファンからも新しいタイトルに映るのではと期待を示した。また、ターゲットの30~40代のユーザーに好まれるジャンルと椎葉社長は見ており、ユーザーのニーズともマッチングすると考えているという。開発状況は、クローズドβテストを実施できる段階まで進んだそうだ。
 


【関連記事】
Aiming、スマホゲーム『Project:R』の共同開発契約を中国Giant社と締結 メインシナリオを渡航氏、キャラクター原案をしずまよしのり氏が担当
スクエニ、『DQ』シリーズ最新作のスマホ向けタクティカルRPG『ドラゴンクエストタクト』を発表! 配信予定は2020年、開発はAiming
【Aiming決算説明会速報②】ディライトワークスとの共同開発タイトルは「プロデュースはディライト、開発に落とし込むのはAiming」(椎葉社長)
Aiming、嶺井政人氏率いるグロース・キャピタルと業務提携…新株予約権の引受を通じた資金調達をはじめ、マーケティング、戦略投資で協力


(※)初出時より見出しを変更しました。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドラゴンクエストタクト19年10-12月決算Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事