19年10-12月決算、アカツキに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アカツキ、第3四半期は『ロマサガRS』と『ユニゾンエアー』貢...

アカツキ、第3四半期は『ロマサガRS』と『ユニゾンエアー』貢献でYonY22%増収 既存ゲーム減益や中長期視野の投資で30%の営業減益

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


アカツキ<3932>の第3四半期(2019年10-12月)の連結業績は、売上高が前年同期比で22.5%増の78億7000万円と増収だった。バンダイナムコエンターテインメントとの共同開発タイトル『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が減収となったものの、スクウェア・エニックスとの共同タイトル『ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)』と『UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)』の売上が伸びたことが主な要因だ。
 


『ロマサガRS』については、リリース1周年を迎えて大規模なキャンペーンを実施し、セールスランキングで1位を獲得。『ユニゾンエアー』もTVCM放映とそれに合わせたイベントを開催するなど引き続き好調に推移したそうだ。また、『ドッカンバトル』は、前年比では減収となったが、ユーザーベースは高水準にあるうえ、年末イベントで日本を含む7カ国でセールスランキング1位を獲得した。
 


ただ、営業利益については同30.6%減の20億8300万円と大幅減益となった。『ドッカンバトル』とみられるが、既存タイトルが減益となったほか、新規タイトルの開発費や、ゲーム新規領域への投資、インフラ投資などを行ったため、としている。LX事業やインフラ投資なども行った。既存タイトルの影響もあるが、全体としては中長期の成長を視野に入れた前向きな投資を行ったことによるものといってよさそうだ。
 


パイプラインについては2020年3月期中に2タイトルをリリースする予定だという。他社IP(おそらく『ONE PIECE ボン!ボン!ジャーニー!!』とみられる)のほか、オリジナルタイトルを予定しているようだ。当該IPタイトルは予定どおりに進捗しているという。
 


【関連記事】
​アカツキ、『HoneyWorks Premium Live(ハニプレ)』のリリースが2020年夏以降に延期に 品質向上・リリース後のサービス拡充のため
アカツキ、10~12月期はQonQで減収減益 『ロマサガRS』と『ユニゾンエアー』が貢献も『ドッカンバトル』は海外版と国内版の周年の谷間に
アカツキ、3Qは営業益1%減と減益に 自社配信タイトル『ユニゾンエアー』の貢献で売上増も利益率は低下 ゲーム新領域などへの投資も実施
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アカツキ19年10-12月決算

企業情報(株式会社アカツキ)

会社名 株式会社アカツキ
URL http://aktsk.jp/
設立 2010年6月
代表者 塩田元規
決算期 3月
直近業績 売上高115億円(前の期比93.9%増)、営業利益47億円(同121.3%増)、経常利益46億円(同133.1%増)、最終利益32億円(同195.9%増)(2017年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3932

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事