20年1-3月決算、ボルテージに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ボルテージ、主力の日本語女性向け減少で赤字幅縮小は足踏み 新...

ボルテージ、主力の日本語女性向け減少で赤字幅縮小は足踏み 新作は来期3本を予定 電子コミックへの今夏参入など注目発表も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ボルテージ<3639>は、5月11日、第3四半期の決算発表とともに、決算説明資料を公開した。売上を伸ばして赤字幅を減らしていくことが求められるのだろうが、全体としては、売上は前四半期比で横ばいとなり、赤字幅の縮小は足踏みする状況だった。ただ、電子コミック市場への参入など注目すべき取り組みも発表されている。




発表した決算を見ると、売上高は前四半期比で4%減の15億2600万円だった。主力の日本語の女性向けタイトルが9億0700万円と6%の減少となったほか、新型コロナウイルスの影響でリアルイベントの売上が64%減の1000万円と低下したことが主な要因だ。その一方で、英語女性向けと男性向けのタイトルの売上は微増となった。




営業損益は8400万円の赤字となり、前四半期の5000万円の赤字から赤字幅が拡大した。外注費を中心に原価を5%減らしたものの、広告宣伝費を増やしたことで販売管理費は横ばいとなったことが響いたようだ。広告出稿に関しては積極的に行っているそうだ。




なお、新型コロナウイルスの影響については、舞台やフェスなどのリアルイベントが中止・縮小となる一方で、巣ごもり需要からアプリへのアクセスは増えているとした。またオフィス内での感染防止などの観点から、3月下旬より全社的なテレワークも実施しているという。




注目の新作タイトルについては、今期リリース予定はなく、来期(2021年6月期)に向けて新作の開発に入っているそうだ。日本語女性向けが1本、英語女性向けが2本になるという。このほか、アプリ内の新作として合計9本を予定している。




さらに電子コミックストア「ぼるコミ」&レーベル「otona シンデレラ」も発表した。恋愛アプリ100タイトルで培ったノウハウを活用し、投稿型チャットノベルに続き、今夏にも参入する。ゲーム会社の中でも電子書籍に参入し、一定の成果を上げているところが出ており、今回の取り組みも注目される。



 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算ボルテージ

企業情報(株式会社ボルテージ)

会社名 株式会社ボルテージ
URL http://www.voltage.co.jp/
設立 1999年9月
代表者 代表取締役会長兼社長 津谷祐司
決算期 6月
直近業績 売上高73億91百万円、営業利益-10億42百万円、経常利益-10億67百万円、当期純利益-13億28百万円(2018年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3639

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事