20年1-3月決算、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー、1Q(1~3月)は『パズドラ』と『Ragnarok...

ガンホー、1Q(1~3月)は『パズドラ』と『Ragnarok M』の落ち込みで2ケタ超の減収減益に Switch向け『ニンジャラ』を6月に世界配信へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、本日(6月23日)、2020年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算を発表、売上高199億8200万円(前年同期比43.0%減)、営業利益52億7000万円(同59.5%減)、経常利益53億4500万円(同59.2%減)、最終利益34億200万円(同59.9%減)となった。

主にスマートフォン向けゲーム『パズル&ドラゴンズ』(以下『パズドラ』)および『Ragnarok M: Eternal Love』の売上高が前年同期比で減収となった。
 

既存ゲームは、『パズドラ』は引き続き長期的に楽しんでもらうことを主眼に、新ダンジョンなどの追加やゲーム内容の改善、他社有名キャラクターとのコラボレーションなど、継続的にアップデートおよびイベントを実施してきた。2020年2月20日にサービス開始から8周年を迎えたことから、8周年を記念したイベントを実施し、MAUは堅調に推移した。また、『パズドラ』シリーズ最新作であるNintendo Switch向け『パズドラGOLD』を1月15日より販売開始した。

2019年6月5日より日本にてサービスを開始した『ラグナロク マスターズ』は、継続的なアップデートやゲーム内イベントの開催により、MAUは引き続き安定的に推移した。

新規ゲームは、Nintendo Switch向け対戦ニンジャガムアクションゲーム『ニンジャラ』の北米・欧州・アジア・日本への世界同時配信を2020年6月25日に予定している。

子会社の事業ついては、GRAVITYおよびその連結子会社が配信している『Ragnarok M: Eternal Love』が継続的なアップデートおよびイベントの開催により引き続き安定的に推移している。

なお、.2020年12月期通期の連結業績予想は非開示。コンテンツ関連の新規性の高い事業を展開しており、短期的な事業環境の変化が激しいことなどから、業績の見通しは適正かつ合理的な数値の算出が困難なため、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事