テイルズ オブ クレストリア、バンダイナムコエンターテインメント、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナム、「テイルズ オブ」シリーズ最新作『テイルズ オブ ...

バンナム、「テイルズ オブ」シリーズ最新作『テイルズ オブ クレストリア』の正式サービスを開始!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

バンダイナムコエンターテインメントは、本日(7月16日)、「テイルズ オブ」シリーズの新作アプリ『テイルズ オブ クレストリア(TALES OF CRESTORIA)』の正式サービスを開始したことを発表した。

本作は、6人の新キャラクターを中心に、これまでの『テイルズ オブ』シリーズに登場したかつての英雄たちも交えた完全新規のストーリーが描かれる新作RPG。美麗な3Dモデルを用いたターン制バトルで、ド派手かつサクサクとした気持ちいいプレイ体験を実現している。

◆ストーリー
罪を犯した人間を、人々が祈りによって裁くため「ビジョンオーブ」の所持が義務付けられた世界。村で尊敬を集める修道士のひとり息子「カナタ」は、修道院で暮らす孤児の少女「ミゼラ」にほのかな恋心を抱いていた。

運命の夜、悲劇に見舞われたミゼラを救う為、カナタは重大な罪を犯してしまう。そしてミゼラもまた、カナタを守る為に罪に手を染める。その結果、ビジョンオーブにより人々から制裁を望まれてしまったカナタとミゼラは「執行者」に追われる身「咎我人(とがびと)」となる。

そんな中ふたりが出会ったのは、「咎我鬼(とがおに)」と呼ばれ、世界から忌み嫌われ恐れられている存在、「ヴィシャス」だった――。

「選ばせてやるよ 罪に飲まれるか、罪を喰らうか……!」

ヴィシャスの問いかけに、ふたりは己と向き合い、罪を背負って生きていく覚悟を決める。「ブラッドシン」という新たな力を手に入れたふたりは、安息の地を求め、ヴィシャスと共に旅立った。


 
■『テイルズ オブ クレストリア(TALES OF CRESTORIA)』
 

公式サイト

公式Twitter

公式LINE

App Store

Google Play



©藤島康介 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコエンターテインメントKLabテイルズ オブ クレストリア

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 森田英克
決算期 12月
直近業績 売上高311億円、営業利益16億円、経常利益16億円、最終利益3億8千万円(2019年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事