20年7-9月決算、セガに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガが展開するゲーム事業、営業利益は77%増の78億円と好調...

セガが展開するゲーム事業、営業利益は77%増の78億円と好調 リピート販売伸長、『PSO2』『北斗リバイブ』けん引 『リゼロス』と『プロセカ』好発進

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
業績面で厳しい状況にあるセガサミーホールディングス<6460>だが、ゲーム子会社であるセガが展開しているコンシューマ分野は好調だ。11月6日に発表した9月中間期の連結決算で、コンシューマ分野の第2四半期(7~9月)の営業利益が前年同期比で77.3%増の78億円と大きく伸びたことがわかった。第1四半期に続いて高水準の営業利益を達成した。売上高についてはほぼ横ばいとなる290億円となった。

同事業の四半期ベースの売上高と営業利益は以下のとおり。

 


コンシューマゲームについては、同219.0%増の252億円だった。販売本数は1908万本(前年同期は1210万本の販売)となった。『A Total War Saga: TROY』などの新作タイトルを発売したほか、採算性の高いリピート販売が好調に推移した。リピート販売は1790万本で売上の大半を占めた。

 
他方、F2Pタイトルについては、同37.8%増の124億円だった。9月に配信を開始した『Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories』や『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』が好調な滑り出しを見せた。
 


新作タイトルが華々しいスタートを見せた一方、既存タイトルの好調ぶりも目立った。『ファンタシースターオンライン2』の国内版とグローバル版、『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』が業績面でけん引したようだ。
 


【関連記事】
セガサミーHD、2Q(4~9月)は30億円の営業赤字を計上 ゲームは好調もAMや遊技機事業、リゾート事業が新型コロナで低調 AM施設分野の構造改革で特損計上
セガサミーHD、650名の希望退職者を募集 100億円の特損計上 経営責任明確化のため役員報酬も減額
セガサミーHD、上場有価証券を売却…59億円の特別利益を第3四半期に計上
セガサミーHD、セガエンタテインメントの保有株式のうち85%をGENDAに売却、連結から離脱へ 構造改革費用200億円を特別損失に計上
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガサミーホールディングス20年7-9月決算セガ

企業情報(株式会社セガ)

会社名 株式会社セガ
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見 治紀/杉野 行雄/松原健二
決算期 3月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3236億円)、営業利益177億円、経常利益145億円、最終利益89億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事