ウマ娘 プリティーダービー、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】​TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Sea...

【イベント】​TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season2』上映会でMachicoさん、大西沙織さん、和氣あず未さん、田所あずささんが作品への想いを語る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

​Cygamesは、クロスメディアコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』について、2021年1月4日より放送予定のTVアニメ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season2』第1話のメディア向け先行上映会を、12月15日に実施した。

『ウマ娘 プリティーダービー』は、ウマの耳と尻尾、そして超人的な身体能力を持つ「ウマ娘」と呼ばれる少女たちが活躍する世界を舞台にした、Cygamesが贈るクロスメディアコンテンツ。

2016年のプロジェクト発表後、TVアニメシリーズやコミックス、音楽など多岐にわたる分野でコンテンツを展開し、さまざまな角度からキャラクターの魅力を伝えている。

そして2021年1月4日、待望のTVアニメ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season2』が始動する。
 

■Machicoさん、大西さん、和氣さん、田所さんによるクロストーク!


上映会では、メディア向けにアニメ第2期の第1話が上映された後、アニメ出演キャストによるクロストークが行われた。

登壇キャストは、Machicoさん(トウカイテイオー役)、大西沙織さん(メジロマックイーン役)、和氣あず未さん(スペシャルウィーク役)、田所あずささん(シンボリルドルフ役) の4名。



まず、最初に台本を読んだ時の作品、及び自身が演じたキャラの印象について。

「トウカイテイオーとメジロマックイーンの二人が主軸となってストーリーが展開するということで、最初からレースにかける想いが強い二人だと思いました」とは、トウカイテイオー役のMachicoさん。

台本を読んだ印象を「ウマ娘やトレセン学園など、色々な設定を説明しつつ、ストーリー展開のテンポが良かったので、新しくウマ娘に触れる方にも引きの強い第1話でした」としながらも、「まだ第1話なのにいきなり●●の予感がして…私としては笑顔で終わりたかった」と何やら第1話から急展開があることを匂わせた。


▲Machicoさん演じるトウカイテイオー

第2期でもう1人のメインキャラ・メジロマックイーンを演じる大西さん。

第1期はスペシャルウィークとサイレンススズカが主軸だったため、「そこまで掘り下げてもらったキャラではなかった」としつつ、「第2期では一応二番手的な立ち位置。第1期ではライバル関係の設定はありましたが、深く描かれていなかった"ライバル"という部分がこれから描かれるのかな、と予感させる第1話でした」と、今後の活躍に期待を寄せた。


▲大西沙織さん演じるメジロマックイーン

第1話について、田所さんもMachicoさん同様、「第1話の台本を読んだ時にすでにあんな展開になって、ここからどうお話が進んでいくんだろう、大丈夫かな?」という印象だったそうで、「改めて、モデルになった馬のことをめちゃくちゃ調べました(笑)」とのこと。

自身が演じるシンボリルドルフについては、「第1期では威厳のある生徒会長の立ち位置でしたが、第2期ではお父さんみたいで少し人間味が出ているような気がしました。第2期ではトウカイテイオーとの関係性がより描かれるので、ぜひ注目してほしいです」とコメントした。


▲田所あずささん演じるシンボリルドルフ

スペシャルウィーク役で第1期から活躍している和氣さん。第1期の第1話では、7割くらいスペシャルウィークが登場してしゃべっていたという事で、「収録中ずっと緊張していて気が抜けないアフレコでした」と振り返る。

しかし第2期はトウカイテイオーとメジロマックイーンメインという事もあり、「私はサポートする側として、とてもリラックスしてアフレコに臨めました」という。

また第2期第1話の印象については、「スペシャルウィークとはまた違う、トウカイテイオーのかっこよさが詰まっていると思います。エンディングも劇場版を見ているかのようですごくかっこよかったです」と語った。


▲和氣あず未さん演じるスペシャルウィーク(左)

続いてのトークテーマは、アフレコ現場の雰囲気について。

コロナ禍ということもあり、「多くても3人ずつのアフレコだったので、皆さんと合わせることはできなかった」と和氣さん。Machicoさんも同様で、アフレコでは大西さん、トレーナー役の沖野晃司さんの3人で撮ることが多く、田所さん、和氣さんとはすれ違いだったそうだ。

それでも和氣さんは、「スペシャルウィークはチーム<スピカ>のメンバーと絡む事が多かったので、メンバーはこうくるだろうなというのは第1期の時にわかっていたので、何となく雰囲気を感じながらアフレコできたかなと思っています」と、難しい環境ながらその演技に自信を覗かせた。



アフレコの順番として、和氣さんが収録した音声を聞きながら<スピカ>メンバーと絡むシーンを撮ることが多かったという大西さん。「アフレコの時にスペシャルウィークの声が入っていると、<スピカ>だなっていう感じがすごくして収録しやすかったです」と、和氣さんの存在の大きさを改めて感じた様子だった。



「今回、シンボリルドルフはしっとりしたシーンが多かった」という田所さん。比較的色々なキャストと組んで収録できたそうだが、「特にトウカイテイオーとは掛け合いのシーンが多かったので、二人きりの時間を過ごさせていただいて、ある意味集中できました」と語った。



自身のキャラを漢字で表すと? というテーマでキャスト4名は以下のように回答した。

シンボリルドルフ…(トウカイテイオーを父親のように見守っている)
トウカイテイオー…(息子、レース中の息という二つの意味)
メジロマックイーン…(先頭に立って背中で後ろにいるみんなを引っ張る)
スペシャルウィーク…(第1期の頃から田舎から上京して日本一になる、サイレンススズカと走るという夢を持っている)



最後のトークテーマは、推しウマ娘を選ぶならどのキャラ? 

第2期は新キャラも多いため、キャスト陣もかなり悩んでいたが、口火を切ったのはMachicoさんで、「私はトウカイテイオーに憧れているキタサンブラックです。あと色とキャラで選ぶなら、チーム<カノープス>のツインターボもすごく好き。この二人の事をもっと知りたいです」と答えた。


▲トウカイテイオーに憧れを抱くキタサンブラック


▲チーム<カノープス>所属のツインターボ(右)

大西さんは、<スピカ>のゴールドシップを推しウマ娘として挙げた。

「第2期はメインキャラが変わって、<スピカ>のメンバーの見え方も変わってくるのかなと思いましたが、ゴルシを見ていると変わらないんだなという安心感がありました。あと、(競走馬の)メジロマックイーンの孫ということもあり、ゴルシが好きです(笑)」とその理由を説明した。


▲第2期になってもブレないゴールドシップ

「メジロマックイーンに憧れるサトノダイヤモンドのデザインが好きです。動いている姿もめちゃくちゃかわいい」と推しウマ娘を挙げた田所さんだったが、「レースの時に"見ててね、カイチョー"と言ったり、部屋に会長のポスターを貼っているところが愛おしい」と、父としてトウカイテイオーへの愛も忘れていなかった。

和氣さんの推しウマ娘は、マヤノトップガン。その理由は「ビジュアルがめちゃくちゃ好き。あと、ずっとぐだぐだゴロゴロしていて愛おしいです」とのこと。ちなみに小さい子が好きという和氣さんは、田所さんと同じくサトノダイヤモンドも気になっている様子で「第2期でまたかわいい子が出てきちゃって、誰を推すか悩みます」と続けた。


▲田所さん、和氣さんが溺愛するサトノダイヤモンド

第1話から魅力的なウマ娘が多数登場し、気になる展開になることを予感させるTVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season2』に大いに期待を寄せるキャスト4名は、最後にファンに向けてメッセージを送った。



「ウマ娘は来年からさらに盛り上がります。アニメ第2期もあるし、ゲームもリリースされるので、ぜひ応援していただけたらと思います」(田所)



「アニメの第2期は、トウカイテイオーとメジロマックイーンを主軸にしたお話ですが、もちろんゲームがリリースされたら皆さんのお好みのウマ娘を見つけていただければと思います。アニメとゲーム、それぞれの良さがあると思うので、今後とも応援していただけたらと思います」(大西)



「新たにウマ娘がアニメ、ゲームで走り始めます。我々キャストも、2021年をウマ娘カラーに染められたらなと思います。アニメは第1期とはまた違う形で友情が描かれているので、第1期の再放送を見ていただき、その気持ちを携えながら第2期も応援していただけたらうれしいです。ゲームもこれから色々な情報が出てくると思いますので、わくわくしながら待っていてください」(Machico)



「私たちはウマ娘の発表からずっと駆け抜けてきました。アニメ第1期が終了してから皆さんもまだかまだかと待っていたと思いますが、やっと2021年にアニメ第2期とゲームが始動するという事がすごくうれしいです。ぜひアニメもゲームも両方期待していただけたらうれしいです」(和氣)
 

■『ウマ娘 プリティーダービー Season2』第1話の先行カットを公開!


ここでは、TVアニメ第2期『ウマ娘 プリティーダービー Season2』第1話の先行カットをお届けする。先行カットを見ながら、2021年1月4日(月)から新たに始まるウマ娘たちの活躍に思いを馳せよう。










【公式サイト】
「ウマ娘 プリティーダービー」公式サイト:https://umamusume.jp/
「ウマ娘 プリティーダービー」事前登録サイト:https://game.umamusume.jp/
TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式サイト:https://anime-umamusume.jp/

【公式Twitter】
「ウマ娘 プリティーダービー」公式Twitter:https://twitter.com/uma_musu
TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式Twitter:https://twitter.com/uma_musu_anime


​© Cygames, Inc.
© 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ウマ娘 プリティーダービーCygames

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL https://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

プロジェクトマネージャー

大規模なゲームタイトルのプロジェクトマネージャーとして、下記の管理業務をお任せします。 社内外問わず、様々な業界・職種の方と関わり合いながら、裁量を持って業務に取り組んでいただきます。 ・コンテンツ開発における戦略立案と実行 ・プロジェクトの予算策定、予実管理業務 ・経営層に向けた...

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

ゲームスクリプター

ゲームスクリプターはユーザーが熱狂するような、「最高のコンテンツ」制作を担う仕事です。 ゲーム開発の現場で、スクリプト言語を用いてイベントを組み立てたり、 キャラクターの動きを指定したり、ゲームを構築する役割をお任せします。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事