20年10-12月決算、コーエーテクモホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コーエーテクモHD、21年3月期の営業益を170億円→220...

コーエーテクモHD、21年3月期の営業益を170億円→220億円に上方修正 『三國志覇道』『三国志・戦略版』好調、『ゼルダ無双』350万本突破、シリーズ最高に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コーエーテクモホールディングス<3635>は、この日(1月25日)、2021年3月通期の連結業績予想を上方修正した。同社では、『三國志 覇道』の運営や『三国志・戦略版』のロイヤリティ収入、『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の販売が好調に推移したため、としている。

【修正予想】
売上高:560億円(前回予想510億円)
営業利益:220億円(同170億円)
経常利益:330億円(同250億円)
最終利益:250億円(同180億円)

【修正率】
売上高:9.8%増
営業利益:29.4%増
経常利益:32.0%増
最終利益:38.9%増





9月に国内で配信を開始したスマートフォンゲーム『三國志 覇道』が好調に推移した。同社がIPを許諾し中国で配信中の『三国志・戦略版』のロイヤリティ収入も引き続き高い水準となった。『ゼルダ無双 厄災の黙示録』(Nintendo Switch用)を11月に発売した。12月末までの累計出荷本数は350万本を突破し、「無双」シリーズとして1タイトルで最高の出荷本数となった。また、営業外収益も有価証券損益が大きく改善した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングス20年10-12月決算

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事