21年2-4月決算、アピリッツに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算プレビュー】アピリッツ、第1四半期は6月11日に発表 ...

【決算プレビュー】アピリッツ、第1四半期は6月11日に発表 22年1月期は下期偏重予算 セガから移管する『けもフレ3』は8月から収益貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
アピリッツ<4174>は、2022年1月期の第1四半期(21年2~4月)の決算を6月11日に発表する予定だ。同社は、第1四半期の業績予想は開示していないが、下期に売上と利益が集中する計画となっている。22年1月通期の計画は、売上高は46億9600万円(前期比20.7%増)に対して上期で20億3200万円(前年同期比6.6%増)、営業利益も2億8300万円(同23.7%増)に対して上期は6700万円(同25.2%減)となっている。


【7月中間期の見通し】
・売上高:20億3200万円(同6.6%増)
・営業利益:6700万円(同25.2%減)
・経常利益:6700万円(同25.4%減)
・最終利益:4200万円(同10.9%減)


【22年1月通期の見通し】
・売上高:46億9600万円(同20.7%増)
・営業利益:2億8300万円(同23.7%増)
・経常利益:2億8300万円(同23.9%増)
・最終利益:1億7900万円(同43.0%増)

 


同社によると、上期では自社ゲームなどの広告宣伝費や採用費で利益が低減する一方、下期は「大型の運営移管案件の獲得で売上、利益とも増加」する見通しという。先日発表となったが、セガより8月1日付で運営移管を受けることが決まっている『けものフレンズ3』がそれに該当するものとみられる。

なお、オンラインゲームの通期計画は、売上高が27.9%伸び26億3900万円と拡大する見通しだ。自社ゲームに関しては、保守的に見込みつつ、パートナーゲーム開発とクリエイター派遣は順調に推移するという。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アピリッツ21年2-4月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事