スマホアプリ&ソーシャルゲームに関する最新情報、人気アプリ解説などを毎日更新「Social Game Info」

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事一覧 > 19年4-6月決算 の記事一覧

19年4-6月決算 の 記事一覧

ボルテージ、19年6月期は売上高3.7%減、1.9億円の営業赤字を計上 主力の日本語女性向けが売上高11.1%減と苦戦 男性向けは売上高倍増に

ボルテージ、19年6月期は売上高3.7%減、1.9億円の営業赤字を計上 主力の日本語女性向けが売上高11.1%減と苦戦 男性向けは売上高倍増に

ボルテージ<3639>は、8月14日、2019年6月期の連結決算を発表、売上高71億1900万円(前の期比3.7%減)、営業損益1億9800万円の赤字(前の期10億4200万円の赤字)、経常損益2億3700万円の赤字(同10億73[...]。

2019年8月14日18時28分

韓国Gravity、第2四半期は売上高が41%減、営業利益が45%減と急ブレーキ 『Ragnarok M』の東南アジアや北米、台湾、韓国での収益が低迷

韓国Gravity、第2四半期は売上高が41%減、営業利益が45%減と急ブレーキ 『Ragnarok M』の東南アジアや北米、台湾、韓国での収益が低迷

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityは、8月8日、第2四半期(2019年4~6月)の決算を発表し、売上高が前四半期比(QonQ)で41.5%減の781億2700万ウォン(68億4000万円[...]。

2019年8月14日18時08分

エクストリーム、1Qは売上高43.9%増、営業益6.7倍で着地 スマホ版『ラングリッサー』の配信許諾地域の拡大でロイヤルティ収益が拡大

エクストリーム、1Qは売上高43.9%増、営業益6.7倍で着地 スマホ版『ラングリッサー』の配信許諾地域の拡大でロイヤルティ収益が拡大

エクストリーム<6033>は、8月14日、2020年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高16億7500万円(前年同期比43.9%増)、営業利益3億4700万円(同6.7倍)、経常利益2億9200万円(同5.7倍)[...]。

2019年8月14日17時42分

マイネット、赤字タイトルの再生を目指す「再設計型」から撤退 データドリブン・スマート運営に集中 クラウドゲーミングタイトルの開発も着手

マイネット、赤字タイトルの再生を目指す「再設計型」から撤退 データドリブン・スマート運営に集中 クラウドゲーミングタイトルの開発も着手

マイネット<3928>は、ゲームサービス事業について戦略転換を行う方針を明らかにした。規模の成長を目指して開始した、赤字タイトルを買収して再生を目指す「再設計型」と、国内タイトルの海外展開を行[...]。

2019年8月14日16時50分

ビーグリー、2Qは売上高10%増、前年同期の営業赤字から2億8600万円の黒字に転換 主力の「まんが王国」は日次の最高課金額を複数回更新

ビーグリー、2Qは売上高10%増、前年同期の営業赤字から2億8600万円の黒字に転換 主力の「まんが王国」は日次の最高課金額を複数回更新

ビーグリー<3981>は、8月14日、2019年12月期の第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表、売上高50億2700万円(前年同期比10.8%増)、営業利益2億8600万円(前年同期8900万円の赤字)、経常利益2億840[...]。

2019年8月14日15時58分

オルトプラス、3Q期間(4~6月)は6四半期ぶりに売上高10億円を割り込む 運営タイトルの選択と集中によるタイトル減が影響

オルトプラス、3Q期間(4~6月)は6四半期ぶりに売上高10億円を割り込む 運営タイトルの選択と集中によるタイトル減が影響

オルトプラス<3672>は、8月14日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表した。その数字を基に第3四半期期間(4~6月)の業績を見てみると、売上高は前四半期比18.3%減の9億5200万円[...]。

2019年8月14日15時39分

マイネット、第2四半期の営業損益は3億8100万円 業績予想を2億1900万円下ブレ 再設計型タイトルのグロスアップが計画通りに進まず

マイネット、第2四半期の営業損益は3億8100万円 業績予想を2億1900万円下ブレ 再設計型タイトルのグロスアップが計画通りに進まず

マイネット<3928>は、本日(8月14日)、第2四半期累計(1月~6月)の連結決算を発表し、売上高59億4400万円(前年同期比7.4%増)、営業損益3億8100万円の赤字(前年同期4億2900万円の赤字)、経常損益[...]。

2019年8月14日15時26分

【詳報】オルトプラス、3Qは増収、赤字幅縮小に 期中に6タイトルの運営を終了 期末時点の運営タイトルは自社・協業・運営移管合わせて8本に

【詳報】オルトプラス、3Qは増収、赤字幅縮小に 期中に6タイトルの運営を終了 期末時点の運営タイトルは自社・協業・運営移管合わせて8本に

オルトプラス<3672>は、8月14日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高33億2400万円(前年同期比6.2%増)、営業損益7億4200万円の赤字(前年同期10億7400万円の赤字)、経[...]。

2019年8月14日15時19分

アエリア、2019年12月期の営業利益を22億円から32億円に45%上方修正…リベル『A3!』『蒼焔の艦隊』とサイバード作品が貢献

アエリア、2019年12月期の営業利益を22億円から32億円に45%上方修正…リベル『A3!』『蒼焔の艦隊』とサイバード作品が貢献

アエリア<3758>は、本日(8月14日)、2019年12月通期の連結業績予想を上方修正し、営業利益を22億円から32億円、経常利益を20億円から30億円、最終利益を14億円から20億円にそれぞれ引き上げた。従来予[...]。

2019年8月14日15時11分

​【速報】オルトプラス、3Qは売上高6%増、営業赤字は前年同期の10.7億円から7.4億円に縮小 投資有価証券として計上しているXEPC株式全額分を特損に

​【速報】オルトプラス、3Qは売上高6%増、営業赤字は前年同期の10.7億円から7.4億円に縮小 投資有価証券として計上しているXEPC株式全額分を特損に

オルトプラス<3672>は、8月14日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高33億2400万円(前年同期比6.2%増)、営業損益7億4200万円の赤字(前年同期10億7400万円の赤字)、経[...]。

2019年8月14日15時08分

【KLab決算説明会】2QはQonQで増収増益に 主力タイトルがいずれも増収 海外版『BLEACH』も収益寄与 ゲーム周辺領域への「アライアンス活動を積極推進」(森田社長)

【KLab決算説明会】2QはQonQで増収増益に 主力タイトルがいずれも増収 海外版『BLEACH』も収益寄与 ゲーム周辺領域への「アライアンス活動を積極推進」(森田社長)

KLab<3656>は、8月8日、2019年12月期の第2四半期連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。説明会に先立ち発表された第2四半期決算は、売上高148億1200万円(前年同期比7.3%[...]。

2019年8月14日11時51分

NJHD、1Qは売上高15%増ながら500万円の営業赤字計上 ウィットワンが承継したゲーム運営サポート事業が寄与

NJHD、1Qは売上高15%増ながら500万円の営業赤字計上 ウィットワンが承継したゲーム運営サポート事業が寄与

エヌジェイホールディングス<9421>は、8月13日、決算変更に伴う変則の15ヶ月決算となる2020年6月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高30億3500万円(前年同期比15.3%増)、営業損益500万[...]。

2019年8月14日10時04分

家庭用ゲーム大手の19年4-6月期、6社中4社が営業増益 前期苦戦のセガサミーとスクエニ復調 リピート寄与のバンナムとカプコンも増益確保

家庭用ゲーム大手の19年4-6月期、6社中4社が営業増益 前期苦戦のセガサミーとスクエニ復調 リピート寄与のバンナムとカプコンも増益確保

家庭用ゲームソフト大手6社の第1四半期(4~6月)の決算が出揃った。本業の儲けを示す営業利益が前年同期に比べてプラスとなったのは、6社中4社だった。 カプコン<9697>やセガサミーホールディング&[...]。

2019年8月14日09時48分

コロプラ、スマホゲームの新作パイプラインは3本増の9本に 他社IPタイトルは『ドラゴンクエストウォーク』を含む4本を開発中

コロプラ、スマホゲームの新作パイプラインは3本増の9本に 他社IPタイトルは『ドラゴンクエストウォーク』を含む4本を開発中

コロプラ<3668>は、8月13日、2019年9月期の第3四半期(10~6月)の連結決算についてのテレフォンカンファレンス(電話会議)による説明会を実施した。 その中で、スマートフォンゲームのパイプライ[...]。

2019年8月13日17時48分

コトブキヤ、19年6月期の営業利益は60%減の2億7200万円…『FAガール』特需の反動減と国内卸売フィギュアの売上不振で

コトブキヤ、19年6月期の営業利益は60%減の2億7200万円…『FAガール』特需の反動減と国内卸売フィギュアの売上不振で

コトブキヤ(壽屋)<7809>は、本日(8月13日)、2019年6月通期の決算を発表し、売上高82億9400万円(前の期比5.9%減)、営業利益2億7200万円(同60.0%減)、経常利益2億4400万円(同60.3%減)、最終[...]。

2019年8月13日17時35分

バンナム、第1四半期のゲーム事業の大幅増益は新作関連費用の減少と「enza」初期費用がなかったことが要因 既存タイトルのリピートやDL販売も貢献

バンナム、第1四半期のゲーム事業の大幅増益は新作関連費用の減少と「enza」初期費用がなかったことが要因 既存タイトルのリピートやDL販売も貢献

バンダイナムコホールディングス<7832>は、第1四半期のネットワークエンターテインメント事業が増益となった要因について、前年同期に比べて新作が少なく、開発費と広告宣伝費が減ったことに加え、「en[...]。

2019年8月13日17時10分

カヤック、2Qは売上高5%増ながら2.8億円の営業赤字を計上 4月に『進撃の巨人 TACTICS』をリリース

カヤック、2Qは売上高5%増ながら2.8億円の営業赤字を計上 4月に『進撃の巨人 TACTICS』をリリース

カヤック<3904>は、8月13日、2019年12月期の第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表、売上高30億2500万円(前年同期比5.5%増)、営業損益2億8000万円の赤字(前年同期9500万円の黒字)、経常損益3億[...]。

2019年8月13日15時51分

コロプラ、3Q期間(4~6月)はQonQで売上高18%減、6500万円の経常赤字に 『黒猫のウィズ』の周年実施の反動で 複数のサービス終了なども要因に?

コロプラ、3Q期間(4~6月)はQonQで売上高18%減、6500万円の経常赤字に 『黒猫のウィズ』の周年実施の反動で 複数のサービス終了なども要因に?

コロプラ<3668>は、8月13日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表した。その実績値を基に第3四半期期間(4~6月)の業績を見てみると、売上高は前四半期18.6%減の79億5700万円、営[...]。

2019年8月13日15時32分

【詳報】コロプラ、3Qは経常益、最終益で赤字計上に 『アリス・ギア・アイギス』のPC版配信開始でスマホ以外のデバイスへの展開も

【詳報】コロプラ、3Qは経常益、最終益で赤字計上に 『アリス・ギア・アイギス』のPC版配信開始でスマホ以外のデバイスへの展開も

コロプラ<3668>は、8月13日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高275億7900万円(前年同期比16.6%減)、営業利益4億9300万円(同90.2%減)、経常損益16000万円の赤字(前[...]。

2019年8月13日15時13分

【速報】コロプラ、3Qは売上高16%減、営業益90%減に

【速報】コロプラ、3Qは売上高16%減、営業益90%減に

コロプラ<3668>は、8月13日、2019年9月期の第3四半期累計(10~6月)の連結決算を発表、売上高275億7900万円(前年同期比16.6%減)、営業利益4億9300万円(同90.2%減)、経常損益16000万円の赤字(前[...]。

2019年8月13日15時03分