クルーズ、欧州初のマーケティグ拠点として『CROOZ Europe(仮称)』を設立 海外展開を本格化へ

クルーズ<2138>は、本日(5月20日)、欧州初のマーケティング拠点として『CROOZ Europe(仮称)』を設立する方針を決定したと発表した。 今回設立される『CROOZ Europe』は、ヨーロッパにおけるマーケティングを行う拠点で、今期積極展開予定のネイティブアプリや海外事業展開のためのノウハウを蓄積していく。ネイティブアプリにおいて西欧随一の市場規模を誇り、将来パートナーになり得るゲーム制作会社が多く進出しているドイツでの設立を検討しているとのこと。 現在、クルーズは、海外子会社として、『CROOZ America』、『CROOZ Asia』、『CROOZ Korea』を設立いており、今回の拠点は4社目となる。各国の拠点では、現地のニーズをくみ上げ、現地の人たちに受け入れられるサービスを提供するためのマーケティングと、それぞれの地域で有力な情報や資産を持つ企業とのパートナーシップ強化を実施する。 なお、オフショア開発拠点『CROOZ Vietnam』については、閉鎖することも決定。今回の『CROOZ Europe』設立、『CROOZ Vietnam』閉鎖が当社の業績に与える影響は軽微としている。
クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
売上高357億1400万円、営業利益21億3400万円、経常利益22億4500万円、最終利益14億3300万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
2138
企業データを見る