KLab株式、連日のストップ高…引き続き5月単月黒字と収益拡大への期待で

KLab<3656>株式は、本日(6月19日)も買い注文が殺到し、値幅制限の上限となる前日比100円高の777円で取引を終えた。昨日に続くストップ高である。ソーシャルゲーム関連は軒並み値を下げたが、同社株は独歩高となった。

同社は、昨日(6月18日)、2013年12月期第1四半期より営業赤字を計上していたが、5月単月で営業黒字になったと発表しており、今後の業績拡大を期待した買いが入っているようだ。

同社の発表によると、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』や『幽☆遊☆白書 ‐魔界統一最強バトル‐』などが好調に推移したことに加え、外注費を中心としたコスト削減を計画以上のスピードを進めたことも寄与した。

業績回復のけん引役とみられる『ラブライブ!』は、6月からAndroid版もリリースされている。ランキングの上がりづらいGoogle Playの売上ランキングで開始からわずか6日でトップ10入りを果たすなど異例のスピードで順位を上げており、6月以降の収益の伸びへの期待が高まっている模様。

関連記事: Android版『ラブライブ!』がわずか6日で売上ランキングでトップ10入り【13日追記】

 

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る