エイチーム、Android版『麻雀 雷神 -Rising-』を「Samsung Apps」でリリース

エイチーム<3662>は、本日(8月7日)、麻雀アプリ『麻雀 雷神 -Rising-』をIncrossのゲームブランド「The Apps Games」より、サムスン電子株式会社が運営するアプリマーケット「Samsung Apps」でリリースしたと発表した。同時に、新機能として「グループプレイ対局」を導入したことも明らかにした。

本作は、App Store、Google Play、auスマートパスで、累計500万ダウンロードを達成しているスマートフォン向けの麻雀アプリ。オンライン上で、リアルタイムで麻雀が打てる「オンライン対局」をはじめ、96種類の様々なバトルに挑戦する「雷神バトル」など、麻雀初心者から上級者まで楽しめる。

グループプレイは、インターネット回線を介さず、周囲の友人・知人同士で端末を持ち寄りWi-Fiテザリング機能でスマートフォン同士を接続する。通信障害が少なくストレスなく対局を楽しめる。同社によると、グループプレイに対応した麻雀アプリは国内では本作のみとのこと。グループプレイは、GALAXY S4のみに対応しているが、今後対応機種を増やす方針だ。

 

 

 

■関連サイト

『麻雀 雷神 -Rising-』ダウンロード

ゲーム公式サイト 

 

株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3662
企業データを見る