【TGS2013】ブシロードが放つTCGアプリ『ファイブクロス』の魅力は、集めて眺めるコレクションの楽しさを十二分に引き出した作品

千葉・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ 2013」。トレーディングカードゲーム(以下、TCG)で人気を博すブシロードのブースでは、先日発表されたハイブリッドTCG『ファイブクロス』の試遊ができた。

“ハイブリッドTCG”と聞いて、いまいちピンと来ないものだが、言わば従来のTCGと同様に店舗で販売されるカードを、オンライン上でも戦わせることのできる、アナログとデジタルが融合した形のことを指すようだ。

ゲームまでの手順は、じつにシンプルだ。まず店頭でパックを購入してカードを手に入れる。その後、カードに付いているQRコードから、オンラインでアプリに登録していく。そして、それらの登録したカードで、全国のユーザーとカード対戦が行えるわけだ。

カード対戦は、自身でデッキを組んだ後、すべて自動で行われる。また、本作では部屋も作れることができ、特定のユーザーやフレンドを招いて対戦ができるなど、コミュニティ制にも特化した要素もあり。

そして本作の最大の魅力は、やはり自身で集めた実在するトレーディングカードを、データとしてアプリ内にコレクションできることにある。担当者に聞いてみると、パックのカードはもちろん、特別なサイン入りカードなどもデジタル化してアプリ内に登場させるなど、よりゲーム意欲やコレクター魂くすぐる展開を見せるようだ。

 

 

▲左写真は、サンプルではあるが実際のカード。こちらに記載されたQRカードを通して、アプリ内にカードが登場する。右写真は、アプリ内のコレクション画面。インターフェイスは、全体的にすっきりした印象だ。

 

何よりも本作に参戦する『インフィニット・ストラトス』や『ファンタジスタドール』のほか、下記の今後予定されている人気アニメタイトルのIPが、アプリの価値やコンテンツを拡充させることに対して、拍車をかけていきそうだ。

とはいえ、本作で言うところの料金形態・課金体制というのは、店舗でカードを購入する行為にあたる。そのため、これまでとは異なる革新的なソーシャルカードゲームとして、今後も話題を振りまいていくのは間違いないだろう。

本作は、2013年11月8日(金)に正式サービス開始。『インフィニット・ストラトス』と『ファンタジスタドール』の第1弾ブースターパックも同日に発売する。また、オープンベータサービスは近日開始とのことだ。

■ 今後参戦予定のアニメ作品

・『ソードアート・オンライン』 12月発売予定

・『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』 今冬発売予定

・『プリティーリズム・レインボーライブ』 2014年発売予定

・『熱風海陸ブシロード』 2014年発売予定

 

 

▲ブース内には、参戦予定のアニメ作品で彩られた“痛車”が展示されていた。

 

■ 関連サイト

『ファイブクロス』公式サイト

 

© Izuru Yumizuru, OVERLAP/Project IS © 2013 ファンタジスタドールプロジェクト/FD製作委員会 © 熱風海陸ブシロード製作委員会 © 川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project © 谷川ニコ / スクウェアエニックス・「ワタモテ」製作委員会 © T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PRR製作委員会 ©bushiroad All Rights Reserved.

株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 オンラインサービス充実へ
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 オンラインサービス充実へ

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
代表取締役社長 木谷 高明
決算期
6月
直近業績
売上高419億6600万円、営業利益33億9000万円、経常利益51億1300万円、最終利益35億0800万円(2022年6月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7803
企業データを見る
株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 オンラインサービス充実へ
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 オンラインサービス充実へ

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
代表取締役社長 木谷 高明
決算期
6月
直近業績
売上高419億6600万円、営業利益33億9000万円、経常利益51億1300万円、最終利益35億0800万円(2022年6月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7803
企業データを見る