ミクシィ、第2四半期は41%減収・赤字転落…ソーシャルゲームの課金や広告販売が落ち込む

ミクシィ<2121>は、第2四半期累計(4-9月期)の連結決算を発表し、売上高が41.6%減、営業損益が3億9800万円の赤字となり、減収・赤字転落となった。ソーシャルゲームに関連する課金売上高や広告販売が落ち込んだことが主な要因だ。

同社の発表した決算は、売上高39億7900万円(前年同期比41.6%減)、営業損益3億9800万円の赤字(前年同期16億1200万円の黒字)、経常損益5億2500万円の赤字(同15億8300万円の黒字)、四半期純損益13億5200万円の赤字(同12億0500万円の黒字)だった。


 


大幅な減収・赤字転落となったが、主力のソーシャルネット事業でスマートフォン版「mixiゲーム」の売上拡大が計画どおり進捗しなかったことに加え、フィーチャーフォン版「mixiゲーム」の売上減、広告売上高についても前年同期に比べて70%減少したことによる。またFind Job!でもIT業界の一部で採用抑制の動きが見られたことも影響した。

 

 

■2014年3月期の見通し

2014年3月期は、売上高80億円(前期比36.7%減)、営業損益16億円の赤字(前期25億7400万円の黒字)、経常損益17億円の赤字(同26億2900万円の黒字)、当期純損益26億円の赤字(同16億5400万円の黒字)を見込む。


 
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る