バンダイナムコゲームス、『ドラゴンボール RPG 少年編』を「auスマートパス」で配信開始…月額料金(390円)で遊べる

バンダイナムコゲームスは、本日(11月27日)、 人気漫画『ドラゴンボール』の少年時代の大冒険を楽しめるスマホ向けRPG『ドラゴンボール RPG~少年編~』を、auスマートパスで配信を開始した。なお、App Store、Google Playでは買い切り制として配信中だ。

本作は、ブルマとの出会いからピッコロ大魔王との闘いまでの全4章が舞台となるRPG。

SDキャラの主人公・悟空が、さまざまな土地を訪れては、おなじみの個性溢れるキャラクターたちと出会い、強敵とのバトルやイベントなどに巻き込まれていく。

また、冒険を進めていくと、世界のあちこちで機械の破片や不思議な石などの「素材」が手に入る。

それらを元に冒険に役立つ「発明品」を作成し、ステージを攻略したり、新しいステージを発見したりと冒険の舞台が広がっていくのだ。

<以下、リリースより抜粋>


☆いつでもどこでも楽しめるRPG ブルマとの出会いからピッコロ大魔王との闘いまで!!
フィールドには、アイテムが隠されていたり、トラップが行く手を阻んだり、敵の大群に囲まれたり…
 
 


☆バトルも充実 キャラクターの個性あるれる必殺技で多数の強敵を倒せ!!
攻撃:気力を消費してさまざまな技を繰り出せ!
​アイテム:ピンチの時は回復アイテムを。攻撃アイテムもあるぞ!
ときどきイベントが発生することも!
 
 


☆冒険に役立つメカを発明してステージ攻略!
あちこちのステージで集めた「素材」を使って発明品を作り出そう! それによって更に新しいステージを発見し冒険の舞台が広がる!
 
 
 


■関連サイト

auスマートパス版

iOS版ダウンロード

Android版ダウンロード

公式サイト


(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
(C) 2013 NBGI
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る