オルトプラス、上場市場を東証1部または2部へ変更…同時に新株発行で最大12.8億円を調達

オルトプラス<3672>は3月10日、3月28日付で上場市場を現在の東京証券取引所マザーズ市場から東証1部または2部へ変更することになったと発表した。同時に52万株の新株発行(公募増資)で最大12.8億円を調達することも発表した。52万株は発行済み株式数の6.5%にあたる。新株の発行日は3月27日で、発行価格は3月17~19日に決まる。

併せて、石井武社長含む4株主が計82万株を市場に売り出す。オーバーアロットメントによる追加売り出しを最大20万株実施する場合がある。

調達した資金はベトナム子会社への業務委託費に充当するとのこと。業務委託の具体的内容は、オルトプラスが現在サービスを提供しているソーシャルゲーム運営業務と、新規ソーシャルゲームの開発の一部、オルトプラスが外部企業から受託したソーシャルゲームの開発・運営業務の委託となる。業務委託費はベトナム子会社の人件費や地代家賃など運転資金にまわる。
 
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る