カプコン、2014年3月期の業績予想を下方修正。営業益を120億円→100億円に。モバイルコンテンツの苦戦で。

カプコン<9697>は、本日(3月31日)、2014年3月期の連結業績予想について、売上高の見通しを引き上げたものの、営業利益予想を120億円から100億円に引き下げるなど利益予想を引き下げた。モバイルコンテンツやオンラインゲームの苦戦が主な要因だった。

同社の発表した業績予想は、売上高1015億円(前回予想970億円)、営業利益100億円(前回予想120億円)、経常利益105億円(同117億円)、当期純利益33億円(同68億円)とした。従来予想からの修正率は、売上高が4.6%増、営業利益16.7%減、経常利益10.3%減、当期純利益51.5%減となった。

 


同社では、収益性の高いモバイルコンテンツが軒並み苦戦したことに加え、オンラインゲーム「モンスターハンター フロンティア G」などが軟調に推移したため、としている。ただし、家庭用ゲームソフト「モンスターハンター 4」やパチスロ機の大型商品「モンスターハンター月下雷鳴」などが好調に推移したため、売上高は当初予想を上回る見込み。

当期純利益については、モバイルコンテンツなどで成果を生み出してないことから、保有する固定資産等について、将来の回収可能性を総合的に検討した結果、事業構造改善費用等の特別損失を連結で約50億円、個別で約43億円計上する見込みとなった。
株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1100億5400万円、営業利益429億900万円、経常利益443億3000万円、最終利益325億5300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る