CRI・ミドルウェア、ゲーム開発向け「CRIWARE 2014」のロードマップを発表。Unity対応拡充でスマートフォン&ゲーム機のマルチ開発環境を強化

CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発向け「CRIWARE®」(CRI・ミドルウェアが提供するツール&ミドルウェア製品の総称)において、2014年のロードマップを発表した。

2014年のCRIWAREは、スマートフォンとゲーム機のマルチプラットフォーム開発環境を強化し、より多くのプラットフォームへのゲームタイトルの展開を支援。また、ゲームエンジンへの対応を拡充するとともに、開発工数を短縮する各種機能の強化を行っていくとのこと。

【対象製品】
統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX™ 2」(以下ADX2)
高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec™ 2」(以下Sofdec2)




【スマートフォン向けに】
ネイティブアプリ開発のスピードアップ&クオリティアップ対応強化として、ADX2をUnityやCocos2d-xの最新バージョンに対応されていくとともに、スマートフォン実機を使ったサウンド調整機能が追加。また、Sofdec2 のムービー演出をより活用してもらうために、リッチ演出を効果的・効率的に実現する「アルファムービー」作成のためのサンプル素材公開やマニュアル強化が行われる。

【ゲーム機向けに】
マルチプラットフォーム強化としてゲームエンジンへの対応を拡大。また、サウンド演出のデバッグを飛躍的に効率化する新機能「プロファイラ」を搭載。さらに、H.264 ビデオコーデックをマルチプラットフォームで共通利用可能にし、高画質フル画面ムービーの圧縮率と、エンコードツールの利便性が大幅にアップ。

 

■新機能概要


【CRI ADX2】


■ スマートフォン向けプレビュー機能(実機プレビュー/インゲームプレビュー)
実機プレビューは、作成中のサウンドを、ゲームに組み込まなくてもスマートフォン実機上で再生できる機能。実際のスマートフォンでの聞こえ方を確認しながら、音の作り込みが可能になる。インゲームプレビューは、開発中のゲームプログラムのサウンドを、ゲームを動作させながら調整することができる機能。音量やパン、エフェクトなどのパラメータ設定をADX2 のオーサリングツールから直接操作でき、サウンド調整を大幅に効率化する。

■ プロファイラ機能
発音数が多くなり複雑化するサウンド演出について、ゲームプレイ中のサウンド情報の可視化を行い、デバッグの飛躍的な効率化が実現。サウンドの再生ログ(音数、CPU 負荷など)を数値やグラフに置き換えることで、視覚的な解析を可能にし、調整やデバッグにかかる時間を大幅に短縮する。以下は解析情報例(予定)。
・サウンドやボイスの再生開始/停止タイミングのタイムライン表示
・パフォーマンス状態変化のグラフ表示
・時刻、項目名、動作内容などのログのテキストデータ表示
・3D で配置したボイスにおける時刻に対する位置情報表示

■ PERFORCE 対応
多人数開発などで重要となる、サウンドやプロジェクトデータの履歴管理機能が強化される。オーサリングツールのバージョン管理ツール連携機能を、すでに対応済みの「Apache™ Subversion®」に加えて「PERFORCE」に対応。


【CRI Sofdec2】


■ H.264 ビデオコーデック対応
従来の独自ビデオコーデックに加えてH.264 ビデオコーデックに対応し、マルチプラットフォームでのH.264 ムービー再生をサポート。プラットフォームごとに最適化したパラメータ調整を、Sofdec2 エンコーダーが自動で行う。
対象プラットフォーム:PS4™ 、Xbox One、PS3®、PS Vita、Wii U


■関連サイト

CRI・ミドルウェア 製品紹介ページ


Copyright ©CRI Middleware Co., Ltd.
株式会社CRI・ミドルウェア
http://www.cri-mw.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社CRI・ミドルウェア
設立
2001年8月
代表者
代表取締役社長 押見 正雄
決算期
9月
直近業績
売上高28億9200万円、営業利益2億8400万円、経常利益3億3500万円、最終利益1億9900万円(2021年9月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3698
企業データを見る