セガネットワークス、『キングダムコンクエスト2』でエンドコンテンツ「デブリズレイド」を大幅アップデート実施


セガネットワークスは、iOS/Android端末向けのゲームアプリ『キングダムコンクエスト2 』において、デブリズレイドのリニューアルを含めたアップデートを実施した。

2014年4月3日(木)から開始されたエンドコンテンツ「デブリズレイド」が、今回のアップデートにより大幅リニューアル。同時に、最新シーズンである4th World 1 と、前作Kingdom Conquest からの移行者が参戦しているKC1 World 1 で、ついにデブリズタワーが解放され、攻略可能となるようだ。

<以下、プレスリリースから抜粋>


■デブリズレイドの主な変更点
◇デブリズレイドボスの段階レベルアップ化
デブリズレイドボスは倒すごとに、徐々にレベルアップし、強くなっていきます。一方で、レベルアップするほど、「デブリズの鍵」の獲得確率もアップします。デブリズタワーを占拠した同盟が総力をかけて、攻略することが重要になります。レイドボスのレベルは、アリーナのボスレベル確認から確認できます。




◇「デブリズの鍵」獲得条件の増加
最凶の魔獣「デブリズ魔獣」獲得のために必要な「デブリズの鍵」を集める条件として、デブリズレイドボス攻撃時に一定確率で獲得できる「攻撃報酬」だけでなく、デブリズレイドボスを撃破したプレイヤーが確実に獲得できる「撃破報酬」が追加されました。

参加して一定ダメージを与えるだけでも、一定確率で「デブリズの鍵」獲得できるチャンスがある「参加報酬」も追加されました。「撃破報酬」は、レイドボスの特定のレベル段階ごとに獲得数が増加します。




◇ボス撃破時の戦闘ログは、ワールドの全ユーザーが閲覧可能に
デブリズレイドに参加できない同盟のプレイヤーでも、戦闘ログで攻略方法や攻略の進捗具合を知ることができるようになります。同盟のプライドをかけて、激しい攻略競争が…!?

■デブリズタワー解放
◇4th World 1 と KC1 World 1 でデブリズタワーが解放
新たに、上記2ワールドでデブリズタワーが解放され、激しい争奪戦が始まっていきます。


■『キングダムコンクエスト2』
 



 
株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る