バンダイナムコオンライン、本格アニメRPG『ザクセスヘブン』発表会を開催 DMMとPC版も今夏提供 i☆Risが主題歌を披露



バンダイナムコオンラインは、4月25日と26日に開催された「ニコニコ超会議2015」で、メディアミックスのオリジナルコンテンツ『ザクセスヘブン』のブース「ザクセスヘブン☆超・学園祭!!☆」を出展し、第1弾スマホゲームの基本システムを発表するとともに、DMMゲームズと共同開発する第2弾PC版の製作発表を行ったことを明らかにした。今回、26日に行われたi☆Risがゲストとして登場したステージの模様をお届けしよう。

本作は、バンダイナムコオンラインとセガゲームス セガネットワークス カンパニーが共同で企画開発する完全新作メディアミックスプロジェクト。豪華制作陣と、100名以上の豪華声優陣が参加しているプレミアムアニメーションがゲームの中でも楽しめる。現在、事前登録を受付中で、登録特典は、スーパーレア 「星峰りら」(CV:井口裕香さん)がプレゼントされる。

このゲームに関しては、出演するキャストや制作スタッフ、そして制作中のアニメーションの一部が公開されたものの、肝心要のゲームに関する情報は限られていた。「いったいアニメーションRPGってなんだろう」と思った人も少なくないはずだが、発表を通じて、なんとなくイメージがつかめたのではないか。『プリパラ』でメインキャストとOPテーマを担当するアイドル兼声優ユニット"i☆Ris"がゲストとしてステージに登場することもあり、会場には多くのファンが詰めかけた。



■ポイントは「アニメRPG」「ザクセスコネクト」「ストーリー性」

まず、バンダイナムコオンラインの近藤貴浩プロデューサーと、セガゲームスの萱沼由晴氏、そして、企画・原作を担当した古里 尚丈氏が登壇し、スマートフォン版のゲーム概要を紹介した。
 

左から近藤氏、古里氏、萱沼氏


萱沼氏は、本作の特徴として、スマホ初の本格アニメーションRPGであることをあげた。バトルやストーリーを進めるとアニメーションが流れるとのこと。「ゲームを進めていたらアニメがシームレスに挿入され、終了後にすぐに戻るという意味で、新鮮な形で楽しめるのではないか。(通常のスマホゲームの)イベントシーンとは違うものになっている」と語った。本作のために20本を超えるプレミアムアニメーションが用意され、「1本あたり3分程度の長さで、鋭意製作中」(古里氏)だ。

 


2つ目の特徴として、新バトルシステム「ザクセスコネクト」をあげた。ターン制バトルが基本システムだが、一定条件を満たすと、キャラクターが持つ特殊能力「ザクセス」を使った合体技が発動する。最大6人までつなげることが可能で、このシーンでもキャラクターボイスが聞ける。近藤氏は、バトルシステムについては議論があり、何度も作っては壊して繰り返したが、「両社の強みやノウハウを活かした、爽快感のあるシステムに仕上がった。期待していただきたい」と自信を示した。

 


3つ目は、キャラクターが織りなす濃厚なストーリー。英検部や演劇部などグループにフォーカスを当てており、キャラクター同士が織りなす「ザクセスストーリー」があるほか、キャラクター1人1人のストーリーも楽しめるという。150人を超えるキャラクターが登場する予定で、ストーリーもそれだけ用意されるわけだ。キャラクターストーリーは、ゲーム内でキャラクターを手に入れると楽しめるという。

 
 

公式サイト




■PC版『ザクセスヘブンリベリオン』をDMMと共同開発
 


続いて、バンダイナムコオンラインの近藤氏、そして、同社のプロデューサーの中山哲郎氏(写真左)が登壇し、『ザクセスヘブン』のPC版『ザクセスヘブンリベリオン』を開発することも発表した。PC版はバンダイナムコオンラインとDMMゲームスとの共同開発になる。2015年夏にリリースされる予定だ。

 


両社が組んだ経緯については、中山氏は、スマホゲームの企画が終わり、世界観の広がったゲームとなったため、バンダイナムコオンラインの得意とするPCオンラインゲームでの展開を考えていたことを明かした。そこで、PCゲームで実績を持つDMMゲームスに打診したところ、「一緒にやりましょう」となったとのこと。今回のイベント開催についても様々なアイディアを提供してくれたそうだ。

会場では、ゲームのプロモーションビデオも公開された。バトル色の強いスマートフォン版のプロモーションビデオとはかなり異なり、シリアスなテイストとなっている。PC版は、"本格ドラマチックRPG"を謳っており、物語をしっかりと楽しめるようにしたいと考えたとのこと。

登場キャラの紹介も行われた。プレイヤーの操作する主人公は記憶を失っており、なくした記憶を取り戻すため、秘密結社「組織」で諜報活動を行うことが明かされた。ヒロインは「月雫つむぎ」で、主人公と同じ組織に所属しており、三森すずこさんが演じる。ナビキャラという位置づけ。主人公の上司は、猫のぬいぐるみ「室長」で、藤原啓治さんが演じる。

 



 

ゲームのストーリーは、『組織』に所属するの3人がメインとなり、緑、赤、青、白、黒の学園に潜入するところからストーリーが始まる。潜入して失った主人公の記憶が少しずつ戻っていく内容になっているという。さらに、PC版では、DMMゲームスと組むこともあり、スマートフォン版にはない「桃色の学園」も追加されるそうだ。すでに公式サイトとTwitterアカウントも用意されており、興味のある人はそちらをチェックしてほしい。

 


 
 

公式サイト

公式Twitter




■早くもグッズ化とコミック化が決定

メディアミックスプロジェクトとして始まった『ザクセスヘブン』だが、すでに商品化も決まっており、Tシャツが会場内で先行発売された。これ以外にもショルダートートやカラビナも発売された。近藤氏いわく「町の中で着ても恥ずかしくないデザイン」にしたとのこと。こちらも近く一般販売されるものとみられる。

 


このほか、コミック化も決定した。「コミックウォーカー」から初夏より連載が始まり、さらに「コミックアース・スター」では夏頃から連載が始まるという。ゲームの内容がより深く理解できるようになるという。電子コミックとして無料で配信される。

 


今後は、グッズ化やコミカライズだけに限らず、ノベライズやカードゲーム、フィギュアなど幅広い展開を行う考えだ。



■i☆Risが大喜利でチームワークを見せた後、主題歌を披露

続いてゲストとして、i☆Risが登場した。現在、全国ツアー中で前日(4月25日)の福岡でのライブを終えて、東京に戻ってきたとのことだった。まず、『ザクセスヘブン』の大喜利コーナーから始まった。「面白い回答をして、開発陣の心をつかむ」がミッションで、山北早紀さん、芹澤優さん、茜屋日海夏さんのAチームと、若井友希さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さんのBチームに分かれて行われた。

3問中2問で両チームともほぼ同じ答えか、どこか似た答えになり、その以心伝心ぶりには近藤氏は思わず「チームワークが本当にいいんですね」と感心していた。例えば、「もしも皆さんがキャラクターデザイナーだったら、あなたが考える最強のキャラクターはずばりどんなキャラクター?」というお題に対し、Aチームは「アゴで攻撃するムキムキなキャラ」、Bチームは「ボディビルダーのおばあちゃん」となり、筋肉キャラで共通していた。

 



ジャンケン大会を経て最後に、ライブコーナーとなった。今回披露したのは当然のごとく、ゲームの主題歌「Believer's HEAVEN」で、力強いダンスと歌声で会場を魅了した。ライブ開始前にi☆Risによるフリの伝授も行われており、詰めかけたファンは、コールとともに、フリのマネをしてライブを楽しんでいたようだった。ちなみに、楽曲については、現在発売中のファーストアルバム『We are i☆Ris』に収録されているとのことで、気になる方はこちらチェックしてみるのもいいだろう。

 
 
(編集部 木村英彦)


■『ザクセスヘブン』

公式サイト




(c)BNOI / SEGA
 
株式会社バンダイナムコオンライン
https://www.bandainamco-ol.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコオンライン
設立
2009年10月
代表者
代表取締役社長 関口 昌隆
決算期
3月
直近業績
最終利益9億8800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
EXNOA(DMM GAMES)

会社情報

会社名
EXNOA(DMM GAMES)
企業データを見る