スクエニ、GooglePlay版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』をリリース…タッチパネル操作に最適化、グラフィックや描画スピードも改善


スクウェア・エニックスは、本日(6月5日)、Google Play版『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』をリリースしたと発表した。価格は1400円。

1997 年にプレイステーション用ソフト向けシミュレーション RPG として発売され、世界累計出荷が240万本以上を記録している『ファイナルファンタジータクティクス』。2007年にはムービー、シナリオ、ジョブなど様々な追加要素を盛り込んだ PSP 用ソフト『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』としてリメイクされ、人気を博した。

スマートフォン版となる本作は、タッチパネル形式のインターフェイスに合わせ、徹底的に操作方法をカスタマイズ。さらに、シミュレーションゲーム特有の煩雑な操作もユニットやパネルを直接タップするなど感覚的に素早く操作できる。また、マップ視点も従来の固定視点切替型から、スライド・ピンチインアウトによる自由な回転、移動、拡大縮小が可能になった。このほか、ユニットキャラグラフィックの高解像度化、描画スピードの向上など、様々な改善を実施したという。
 





 
■関連サイト
 

​Google Play




(C)1997, 2007, 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER ILLUSTRATION: Akihiko Yoshida
 
株式会社スクウェア・エニックス
http://www.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高1949億円、営業利益314億円、経常利益320億円、最終利益242億円(2020年3月期)
企業データを見る