【App Annie調査】『スター・ウォーズ』のモバイルアプリ戦略について分析したレポートを発表 映画7作目「フォースの覚醒」は本日公開


App Annieは、スター・ウォーズのIP(知的財産)を使用したゲームアプリを分析したレポート、 「『スター・ウォーズ』のモバイルアプリ戦」 を発表した。

『スター・ウォーズ』シリーズ7作目となる、本日(12月18日)公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、上映券の先行販売が11月には5000万ドルを超えた。この巨大フランチャイズはアニメやコミック、テレビゲームなど各種メディアに展開され人気を博してきたが、ゲームアプリにおいても、長年のファンや新しいファンへのエンゲージメントを的確に行うことで、着実に人気を獲得している。

日本のパブリッシャーでは、コナミのモバイルカードバトルゲーム『Star Wars Force Collection』が収益額で世界2位にランクインし、このIPの成功に貢献している。また、『スター・ウォーズ』は他のIPとの相性もよく、『AngryBirds Star Wars』や『LEGO Star Wars: The New Yoda Chronicles』は、リリース時に米国の総合チャートでトップに立ち、その後数年にわたって好調を維持している。

今回のApp Annieのレポートでは、スター・ウォーズのIPを使用したゲームアプリを市場規模だけではなく、地域、カテゴリー、IP戦略といった面からも分析している。

<以下、プレスリリースより>


『スター・ウォーズ』IPのアプリランキング
(2 014年12月~2015年11月、iOS App StoreとGoogle Play合計)

DL数ランキング:
1. Angry Birds Star Wars II Rovio
2. Angry Birds Star Wars Rovio
3. LEGO Star Wars: The New Yoda Chronicles Warner Bros
4. Star Wars: Commander Disney
5. Star Wars: Uprising Kabam

収益ランキング:
1. Star Wars: Commander Disney
2. Star Wars Force Collection コナミ
3. Star Wars: Card Trader Topps
4. Knights of the Old Republic Aspyr
5. Star Wars: Uprising Kabam


▲『スター・ウォーズ』IPにおいて、ダウンロード数と収益に最も貢献した国
『スター・ウォーズ』IPは特に米国・欧州・南米に人気


▲Star Wars: Commanderは、イギリス、ドイツ、米国のGoogle Playにおける「ストラテジー(ゲーム)」カテゴリーで人気


レポート全文(無料)をお読みになりたい方は、下記よりご確認ください。
http://jp.blog.appannie.com/star-wars-uses-mobile-success-expand-globally/

 
App Annie

会社情報

会社名
App Annie
企業データを見る