モノビット、「Unite 2016 Tokyo」で「モノビットエンジン」の新製品「モノビット ユニティ ネットワーキング」を発表 本日から無料DL可能に

モノビットは、4月4日、「Unite 2016 Tokyo」(Unity 最大の公式カンファレンスイベント)において、ゲーム向け通信ミドルウェアである「モノビットエンジン」の新製品「Monobit Unity Networking」(モノビット ユニティ ネットワーキング)を発表し、本日より提供を開始した。

「Monobit Unity Networking」 (以下、MUN)とは、Unity専用の無料アセット。MUNを利用すれば、Unity上で、クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装できる。Linuxサーバで動作し、あらゆるジャンルのマルチプレイ要素をスムーズに開発することができる。なお、本日からMUNはモノビットエンジン公式サイトにて、無料ダウンロードすることができる。 
 
<MUN製品特徴> 
1)Unityに完全特化し、 各種プラットフォームに対応! 
iOS/Android、PC(Windows/Macintosh)などに対応している。

2)クライアントプログラムだけでマルチプレイが実現可能! 
サーバ側へのロジック記述が不用で、クライアント側にプログラムを記述することですべての開発が完結する。 
 
3)無料のテストクラウドで今すぐ試せる! 
無料ですぐに試すことができるテストクラウド環境が標準で搭載されており、サーバを構築しなくても、すぐに通信テストを行うことが可能。 

4)マッチングおよびルーム機能搭載! 
接続して、マッチングして、対戦する機能に特化しており、Unity3Dで作成したあらゆるタイプのルームベースドマルチプレイゲームが簡単に実装できる。 

5)サーバOSはLinuxサーバを利用可能! 
日本で幅広く利用されているLinuxサーバで動作するため、今までのサーバ運用ノウハウがそのまま活かせる。またOSのライセンス費用も発生しないため、Windowsサーバより経済的となっている。
 

<製品仕様>
製品名:「Monobit Unity Networking」
発売・運用開始日:2016年4月4日
商用ライセンス価格(税別)
◇同時接続100クライアントまで無料
◇同時接続無制限 33,000円/月(サーバ1台につき)
開発・販売:株式会社モノビット



 

「Monobit Unity Networking」



 
monoAI technology
http://monobit.co.jp/

会社情報

会社名
monoAI technology
設立
2013年1月
代表者
本城 嘉太郎
上場区分
shibata
企業データを見る