【コロプラ決算説明会①】馬場社長「『ポケモンGO』は今までスマホゲームをしてなかった層がプレイしている」 ライトゲームへの好影響に期待も

コロプラ<3668>は、7月27日、2016年9月期第3四半期(10~6月)の決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。今回の記事では、「コロニーな生活」を手掛けるなど、位置情報ゲームの先駆者的存在である同社の馬場功淳社長から見た『ポケモンGO』についてのコメントなどを紹介したい。

まずは、他社ソフトなので、あくまで個人的な感想との前提だが、「実際の地図を利用するなど、ゲームとして面白い。ポケモンというIPとシステムが一致しているので、ゲームの世界観に入りやすい。しばらくは(このヒットの状況が)続くのでは」(馬場社長)としていた。

また、「一番いいと思ったのは、ポケモンが個人単位でなく場所であらわれるので、楽しさを共有できること。課金周りなどもよく考えられている」(同)とし、今後のプラスの要素として、追加できるポケモンが豊富なことを挙げていた。

一方、課題としては、「ポケモンがある程度集まってからの中間層が薄い。ある程度ポケモンを集めた時のモチベーションの維持が課題かも」(同)と指摘していた。

『ポケモンGO』が市場に与える影響については、「今までスマホゲームをしてなかった層がゲームをしているので市場は間違いなく広がっている。ライトなゲームには良い影響が出るのでは」(同)と今後の市場へのポジティブな影響を予想していた。

なお、馬場社長自身は、決算説明会の当日時点で、レベル20までプレイしているとのことだ。
 
(編集部:柴田正之)

 
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る