【速報】ケイブが遂にVRに進出へ 破壊と爽快をテーマにしたタイトルを2017年にリリースする見込み



 
ケイブ<3760>が、VRコンテンツの開発を行っていることが、当社の調べで判明した。内容は自らが巨大な怪獣となり、街や戦闘機を破壊つくす爽快感に重きをおいたものになる見込みだ。

破壊・爽快といえば、同社がシューティングゲームにおいてこれらを全面に出した作品でヒット作を提供し続けている。現在開発中のタイトルは、実際にプレイできる段階まで制作されており、ゲーム性の高さやケイブらしい爽快感を追求し鋭意開発中の模様。なお、マルチプラットフォーム展開を視野に入れているようだが、詳細はまだ未定だ。
 
 

 
▲画像は、全て開発中のもの。リリース時とは異なる可能性がある
 


■ゲーム概要

・タイトル名称:未定
・リリース時期:2017年
・概要:自身が巨大な怪獣となり東京を襲撃。実際にある建造物や戦闘機を、なぎ倒す、叩き潰す・殴る・投げる・ビームを吐くなどし、破壊の限りを尽くす。破壊した対象により「経済損失」スコアが決められており、限られた時間内にいかに経済損失を上げるかでスコアを競う


2016 CAVE Interactive CO., LTD.


 
株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役CFO 伊藤 裕章
決算期
5月
直近業績
売上高69億6300万円、営業利益2億4300万円、経常利益2億1300万円、最終利益25億7900万円(2023年5月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3760
企業データを見る