ジグノシステム、「Mobage」で『アブナイ★恋の学園執事 for mobage』の提供開始

ジグノシステムジャパンは、本日(7月4日)より、フィーチャフォン版「mobage」で、女性向け恋愛シミュレーションゲーム『アブナイ★恋の学園執事 for mobage』の配信を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。 本作は、公式恋愛ゲームサイト「アブナイ★恋の学園執事」にソーシャル機能が加わって、無料で楽しめるようになった女性向け恋愛シミュレーションゲーム。すでに「GREE」でも配信されている。 セレブ学園こと「桜ノ宮学園」に転入した主人公の甘く切ない恋愛が描かれるという。学園には、お嬢様・お坊ちゃまのクラス「Pクラス」と、執事を育成するための「Bクラス」があり、Pクラスに転入した主人公は、Bクラスから専属の執事を選ぶか、あらかじめ用意されたPクラスの婿候補を選ぶことができる。 なお、プレイ日数は、1キャラあたり31日。ゲーム内の選択肢によって、恋する相手もエンディングも変わるという。さらに毎話ごとにサイドストーリーが用意されており、そこからキャラクターのプロフィール情報を埋めることができる。 ストーリーは以下のとおり(リリースからの抜粋) <ストーリー> つい先日まではごく普通の家庭に育ち、ごく普通の高校に通っていた主人公。「16歳の誕生日を迎えたら、レディとしての教育を受けるべし」という政界で有名な祖父との約束のもと、”超”のつくほどのお嬢様、お坊ちゃま学校の桜ノ宮学園に転入することに!…その理由は、主人公が生まれる前にさかのぼる。 政略結婚が嫌で家出をした主人公の母は、駆け落ち同然に恋人(主人公の父)と結婚。祖父は「生まれてくる孫が女の子なら婿を取らせ、跡継ぎとする事」という条件の下、2人の結婚を許したという。 そして、さらに祖父は主人公に、ある「勝負」をもちかける。その内容とは、「学園内には祖父が認めた婿候補を5人用意しており、そのうちの誰かを主人公が好きになったら、祖父の勝ち。婿候補以外の男性と結ばれるためには、そのパートナーが祖父の選んだ婿候補を倒すこと。」というものだった…。    『アブナイ★恋の学園執事 for mobage』 (「Mobage」会員のみ利用可能)   © GignoSystem Japan, Inc. All Rights Reserved.
ジグノシステムジャパン株式会社
http://www.gignosystem.com/

会社情報

会社名
ジグノシステムジャパン株式会社
設立
1996年12月
代表者
沼尻一彦
決算期
3月
直近業績
売上高32.02億円、営業利益1.96億円、経常利益1.82億円、当期純利益0.76億円(2011年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る