タイトー、周遊型戦国謎解き絵巻「独眼竜の軌跡」を9月9日より宮城県大崎地域で開催! 伊達政宗生誕450年記念イベント 無料で参加可能



タイトーは、9月9日より、周遊型戦国謎解き絵巻「独眼竜の軌跡」を宮城県北部地方振興事務所からの委託事業として、宮城県大崎地域の1市4町(大崎市・色麻町・加美町・涌谷町・美里町)で開催する。大崎地域には、1591 年から 1600 年まで伊達政宗が本拠を置いた岩出山を始め、多くの歴史史跡がある。今年は伊達政宗生誕450年であることで、記念イベントの一環として開催する。無料で参加できる。

本イベントの特徴は「アドベンチャーゲーム×リアル謎解きゲーム」で、プレイヤーはスマートフォンとゲームキットを手に、AR や GPS の位置情報を使って謎を解いていくことで、プレイヤーによる新たな物語が展開していく新しいタイプのリアル謎解きゲームとなる。謎解きファンだけでなく、歴史好き、アドベンチャーゲーム好きの人も楽しめるという。

ゲームは大崎市を中心としたメインストーリーに、涌谷町・美里町を巡るサブストーリーA、加美町・色麻町を巡るサブストーリーBの3部構成で、各地域を巡り観光をしながらゲームを遊ぶ。また、ストーリーはそれぞれ独立しているため、どのエリアからでも始めることができ、途中で中断しても期間中であれば、再スタートも可能だ。

さらに、ゲームをクリアしたプレイヤーにはクリアレベルに応じて、鳴子温泉郷のペア宿泊券や各地域の地場産農産加工品セットを抽選でプレゼント。

 
■ストーリー
伊達政宗ゆかりの地に隠された謎を解き明かせ!
戦国大名・伊達氏の 17 代当主、伊達政宗。
隻眼であることから「独眼竜」と呼ばれた伊達政宗は、此処、宮城の地に様々な逸話を残
している・・。
今年は伊達政宗公生誕 450 年。
今こそ、ゆかりの地を巡り、「独眼竜の軌跡」を辿る旅へ出よう!


タイトーは2016年3月に宮城県北部地方振興事務所、大崎地域1市4町と観光振興を目的とした相互連携協定を締結し、バーチャルトリップサイト「アイラブオオサキ」を中心に、大崎地域に国内外から観光客を誘客する取り組みを行っている。地域の広報担当者とSNSを中心にした情報発信を行い、直近では台湾人観光客向けの「我愛宮城大崎」の体験型パッケージツアーを旅行会社と企画した。


特設サイト

株式会社タイトー
http://biz.taito.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社タイトー
設立
1953年8月
代表者
代表取締役社長 岩木克彦
決算期
3月
直近業績
売上高352億0600万円(前の期比23.0%減)、営業損失45億6000万円(前の期は8300万円の利益計上)、経常損失46億3500万円(同1億2800万円の利益計上)、最終損失57億0800万円(同1億1700万円の損失計上)(2021年3月期)
上場区分
未上場
企業データを見る