GMO、ゲーム事業を再編 ゲームポットとGMOゲームセンター、シンクラウドを吸収合併、3社は解散へ

GMOインターネット<9449>は、本日(10月23日)、ゲーム子会社GMOゲームポット、GMOゲームセンター、シンクラウドの3社を12月1日付で吸収合併することを明らかにした。3社は解散する。

3社はスマートフォン・オンライン向けのゲームの中核会社として事業を展開しているものの、外部環境の変化などもあり想定する収益ラインに至っていないため、組織再編を実行し、完全にゲーム開発に集中できる体制を整えることで、ヒットタイトルの創出を目指す、としている。

特にGMOゲームポットについてはPCオンラインゲームの老舗ともいえる企業だ。アエリア傘下で札幌アンビシャスに上場した後、ソネットエンタテインメントによる買収・上場廃止を経て、2013年11月にGMOインターネットの傘下となった。『スカッとゴルフ パンヤ』『トキメキファンタジー ラテール』『Livly Island COR』『ウィザードリィオンライン』などの運営実績があったが、直近の決算では売上高は10億円を割り込んでいた。

なお、債務超過となっているGMOゲームポット、GMO ゲームセンター、シンクラウドに対して貸倒引当金を計上しており、合併の際に当該貸倒引当金の戻入益が発生することから、本合併による差損は発生しないものと判断し、簡易合併手続きを採用する。

 
GMOインターネット株式会社
http://www.gmo.jp/

会社情報

会社名
GMOインターネット株式会社
設立
1991年5月
代表者
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
決算期
12月
直近業績
売上高2105億5900万円、営業利益278億9300万円、経常利益271億3600万円、最終利益102億8400万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9449
企業データを見る
GMOゲームセンター株式会社
http://gmo-game.com/

会社情報

会社名
GMOゲームセンター株式会社
設立
2011年6月
代表者
服部直人
決算期
12月
直近業績
非公開
上場区分
未上場
企業データを見る