【ゲーム株概況(11/14)】好決算も織り込み済みとの見方からアカツキが急反落 業績回復のマイネットが大幅反発

11月14日の東京株式市場では、日経平均株価は5日続落。前日比0.98円安の2万2380.01円で取引を終えた。朝方から利益確定の売りが入ってマイナスで寄り付いた後、押目買いが入って切り返す場面もあった。その後、後場に入って再び利食い売りに押され、大引け間際にマイナスに転じた。

こうしたなか、ゲーム関連株は下落する銘柄が目立ったが、そのなかでもアカツキ<3932>が大幅安となった。前日11月13日に発表した2018年3月期の第2四半期決算は売上高、利益とも倍増超となる大幅な増収増益での着地となった。しかし、バンダイナムコホールディングス<7832>や、東映アニメーション<4816>など関連企業が好決算を発表していることから、市場では織り込み済みとみる向きが強く、決算発表の通過で材料出尽くしの売りが出る格好となったようだ。

【関連記事】
アカツキの決算説明資料より…『ドッカンバトル』は単月・四半期ともに過去最高の売上高を更新 2Qの海外事業売上高は前年同期比3.4倍に拡大
アカツキ、2Qは売上高2.1倍、営業益2.8倍と急成長を持続 『ドッカンバトル』『ハチナイ』『エムステ』が貢献 QonQでも2ケタ超の増収増益に(グラフ追加・追記)
 

マイネット<3928>が大幅反発し、終値ベースで10月以来となる1700円台回復となった。前日11月13日に発表した2017年12月期の第3四半期決算がQonQベースで前四半期の赤字計上から黒字に転換したことが素直に評価されている。また、第3四半期期間(7~9月)にタイトルの仕入れを抑え、持続的な成長構造の確立をするため取り組んだ運営体制の見直しなどが順調に進んでいるとみる向きもあるようだ。

【関連記事】
マイネット、3Qは売上高2倍、営業益63%増に 7~9月は仕入れを抑えて持続的な成長構造の確立に注力 協業スキームからのステップ買取も活用へ(グラフ追加・追記)
【速報3】マイネット上原社長、アプリ買取の引き合いが増えている 新規開発の増加で運営業者へのニーズ高まる
【速報2】マイネット、10月買取の『サンリオ男子』のゲーム構造を再設計 来年1月のTVアニメに合わせてリスタート目指す
【速報1】マイネット、第3四半期は四半期ベースで最高の売上高に 上原社長「買い入れを行わずに既存タイトルの成長で伸ばせた」


このほか、イグニス<3689>が反発。前日、1対2株の株式分割を行うと発表したことが材料視されたようだ。株式分割は12月1日が効力発生日となる。同時に発表した決算は、営業利益が94.3%減の8300万円と大幅な減益となった。

【関連記事】
イグニス、17年9月期の営業益は94%減の8300万円、最終赤字転落…婚活サービス「with」の広告や新作ネイティブゲームの開発など先行投資で
イグニス、開発中の新作ネイティブゲームアプリ『GK』は3Dアクションゲームに



■関連銘柄一覧
 
株式会社アカツキ
http://aktsk.jp/

会社情報

会社名
株式会社アカツキ
設立
2010年6月
代表者
代表取締役CEO 香田 哲朗
決算期
3月
直近業績
売上高239億7200万円、営業利益26億7600万円、経常利益28億3400万円、最終利益12億8800万円(2024年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3932
企業データを見る
株式会社マイネット
http://mynet.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社マイネット
設立
2006年7月
代表者
代表取締役社長CEO 岩城 農
決算期
12月
直近業績
売上高87億1700万円、営業利益1億6800万円、経常利益1億2500万円、最終利益1億4300万円(2023年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3928
企業データを見る