サイバーエージェント、ゲーム事業売上は6四半期横ばい 「新たなヒットで伸ばしたい」 『プリンセスコネクト!Re:Dive』と『戦国ASURA』に期待



サイバーエージェント<4751>は、この日(1月25日)開催の決算説明会で、ゲーム事業の売上高は前四半期比で7.2%減の337億円、営業利益が同7.7%増の56億円と減収増益となった。次の四半期(1~3月)においては、『グランブルーファンタジー』と『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』の周年イベント・キャンペーンがあるため、増収増益に転じるとの見通しを示した。
 


藤田晋社長(写真)は、「トップライン(売上高)は6四半期ほど横ばいが続いており、そろそろヒットタイトルを出して伸ばしたい」とコメントした。今期においては新作10タイトルをリリースする予定だが、そのなかでもリリースを控えているCygames『プリンセスコネクト!Re:Dive』と、サムザップ『戦国ASURA』の2タイトルに期待を示した。このほか、新作として他社IPタイトルの準備も行っているという。
 
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る