【速報2】モバイルファクトリー、3Qの位置情報連動型ゲームの売上高はQonQで2%減に 『駅メモ!』のDAUは過去最高も周年イベントの反動で

モバイルファクトリー<3912>は、10月19日、2018年12月期の第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表、売上高21億3500万円(前年同期比22.2%増)、営業利益5億8400万円(同7.1%増)、経常利益5億8300万円(同9.6%増)、最終利益4億200万円(同9.6%増)となった。
 

ソーシャルアプリサービスの位置情報連動型ゲームは、『ステーションメモリーズ!』(『駅メモ!』)で他社IPとのコラボイベントを実施した。『駅メモ!』は6月に4周年を迎え、様々な施策を盛り込んだキャンペーンを実施しており、8月からは期間限定で「ステーションメモリーズ!4th Birthday Cafe」をオープンした。また、各地方自治体などとのイベントも開催しており、地方創生や地域活性化などを通じた社会貢献にも力を入れている。

なお、位置情報連動型ゲームの売上高を四半期推移で見てみると、前四半期比2.6%減の5億8900万円となった。『駅メモ!』のDAU(日次アクティブユーザー数)は過去最高を更新したものの、6月に周年イベントを実施して売り上げが伸びた反動が出ている格好となっている。
 

その他の位置情報連動型ゲームの『駅奪取』は、各種イベントの実施など、アプリ(ゲーム)を継続して遊んでもらえるような施策を行った。一方で、『レキシトコネクト』は、9月をもってサービスを終了した。

注力分野のブロックチェーン関連サービスは、サービスの本格化にあたり、7月には子会社ビットファクトリーを設立した。また、プロジェクトの第一弾となる分散型アプリケーション(DApps)ブラウザ「Quragé」(クラゲ)のAndroid/iOS版をリリースした。その他にも、開発者向けDApps開発キット「Uniqys Kit」正式版の公開に向けて開発を行っており、「DApps」サンプル版をリリースした。

なお、2018年12月期の連結業績予想については、スマートフォンアプリ市場の事業変化が激しく、ブロックチェーンを活用した新規サービスの状況についても不確実性が高いことから適正かつ合理的な数値の算出が困難であるため、非開示としている。
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る