オルトプラス、第5回新株予約権と第6回新株予約権のSBI証券からマッコーリー・バンクへの譲渡を承認

オルトプラス<3672>は、本日(12月20日)、8月30日付で発表した第5回新株予約権(行使価額修正条項付)と第6回新株予約権(行使価額修正選択権付)について、割当先であるSBI証券から同じく割当先であるマッコーリー・バンク・リミテッドに譲渡することを承認したことを明らかにした。

この譲渡は、マッコーリー・バンクからSBI証券に買い受けの申し出があったことにより行われるもの。SBI証券は、譲渡により、今後の株価動向次第で権利行使が迅速に進むと判断したという。

なお譲渡する新株予約権は1万6500個で、オルトプラスはマッコーリー・バンクへの譲渡に問題はなく、権利行使による資金調達につながるとの考えから譲渡を承認したとのこと。



【関連記事】
オルトプラス、マッコーリーとSBI証を割当先としてMSワラント 31億円調達し新作開発・運営費などに充当 潜在株式330万株、希薄化率24.3%

 
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高59億4900万円、営業損益2億9200万円の赤字、経常損益1億9800万円の赤字、最終損益1億3900万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3672
企業データを見る