【速報】ドリコム、第4四半期は営業黒字に転換する見通し 18年3月期リリース作品の改善進む 「今期中に不採算タイトルの整理を完了」(内藤社長)



ドリコム<3793>の内藤裕紀社長(写真)は、この日(1月31日)開催した機関投資家・アナリスト向けの決算説明会で、第4四半期(1~3月)の営業利益が1億0400万円と黒字転換する見通しを明らかにした。前の四半期(18年10~12月)は1億2600万円の赤字だった。
 


既存IPタイトルが黒字をキープするなど堅調なことに加えて、赤字の原因であった2018年3月期のリリースタイトルの赤字幅が縮小してきたことが主な要因だ。運営状況の改善が進んでいるという。また今期(2019年3月期)のリリースタイトルが大きな赤字を出したが、足元改善が進んでいるとのこと。
 


内藤社長は「立て直しに時間がかかると申し上げたが、第2四半期を底に回復してきた。最近の拡大路線の中でうまくいかないタイトルが出たが、徐々に整理してきて営業利益ベースで黒字化のめどが出てきた」と述べた。BS、PL両面での整理を今期中に完了させ、来期(2020年3月期)はクリーンな形でスタートしたいとの考えを示した。


【関連記事】
ドリコム、3Qは売上高21%減、7.4億円の営業赤字を計上 「enza」事業の資産再評価や運用タイトルの将来収益の再評価で損失計上も

 
(編集部・木村英彦)
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3793
企業データを見る