サイバーエージェント、新規開発局の技術者にクラウド環境を提供

 サイバーエージェント<4751>は、10月より、「Ameba」などのサービス開発・運営に携わる新規開発局の技術者120名を対象に、個別にクラウド開発環境を提供する取り組みを開始する、と発表しました。  同社によれば、今回の取り組みは、新サービスの開発や研究、試験運用のためのサーバーとして、プライベートクラウド上の開発環境を提供するものだそうです。これにより、新サービスの開発など物理サーバーでは不可能であった規模での検証が個人単位で可能になるなど、開発効率やエンジニアの技術向上に繋がる高いレベルでの開発環境が実現するとのこと。  このほか、同社では、新規開発局に所属する技術者を対象に海外カンファレンスへの参加支援や、質の高い開発環境や情報収集を促進する年間10万円の支給制度、iPhoneやiPad購入金額の半額補助など様々な取り組みを行っているそうです。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高7105億7500万円、営業利益691億1400万円、経常利益694億6400万円、最終利益242億1900万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る