『ドラゴンボール レジェンズ』開発のディンプス、株券不発行会社に…バンナムやSIE、セガHD、サミーなども出資【追記】

ゲーム開発会社のディンプスは、本日(7月8日)付の「官報」に「定款変更につき通知公告」を掲載し、8月1日付で株券を発行する旨の定款の定めを廃止し、株券不発行会社になることを明らかにした。同日付けで同社の株券は無効となる。

同社は、業務用および家庭用コンピュータビデオゲームソフトウェアの研究・開発を行っており、グループ会社としてサファリゲームズとディンプスフードエンタテインメント、米国法人Dimpsがある。

また、株主として、社長の西山 隆志氏のほか、バンダイナムコエンターテインメントやソニー・インタラクティブエンタテインメント、セガホールディングス、サミーなどが名を連ねている。

直近の開発実績として『ドラゴンボール レジェンズ』のほか、『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット COMPLETE EDITION』『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』『SOULCALIBUR VI 』などがある。


【追記】
こちらの記事についてネガティブに捉える向きもあるが、株券不発行会社になるというのは、紙などに印刷された株券を廃止することにすぎない。特にネガティブな情報ではないので注意してほしい。

 
株式会社ディンプス
http://www.dimps.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ディンプス
設立
2000年3月
代表者
西山 隆志
決算期
3月
直近業績
非公開
上場区分
未上場
企業データを見る