Repro、『ユニゾンリーグ』に分析とマーケティング施策を一気通貫で行えるツール「Repro」の導入が決定


世界59か国6,500以上の導入実績を持つCE(Customer Engagement)Platform Reproを提供するRepro(リプロ)は、エイチーム<3662>の『ユニゾンリーグ』にツール「Repro」の導入が決定したことを発表した。

<以下、プレスリリース>

スマホゲーム市場は年々拡大を続け、 国内の市場規模は1兆200億円を超えるとも言われています。そんなアプリゲーム市場において、エイチームが運営する「ユニゾンリーグ」は全世界(一部の国、地域を除く)累計1,000万ダウンロードを突破し、2014年のリリース以降多くのユーザーに楽しまれているゲームアプリです。

分析結果に基づき、新規で流入してきたユーザーと適切なコミュニケーションをとっていくことで継続利用率の向上を図るべく、同社では分析とマーケティング施策を一気通貫で行うことのできる「Repro」を、至高のハイファンタジーRPG「ヴァルキリーコネクト」に続き、採用いただきました。 

「ユニゾンリーグ」ご担当様からは次のようにコメントいただいています。

「もうすぐ5周年を迎える弊社タイトルになりますので、たくさんあるゲーム内コンテンツに対して、ユーザー様の現状に応じて適切なコンテンツをおすすめするなど、よりユーザー様にプレイしやすく、満足していただけるゲームにするために、『Repro』の機能をうまく使ってゲーム内の改善を実施していきたいと思っております。」

当社は今後も1社でも多くの企業のweb・アプリマーケティングを支えるべく、開発とサポートに努めてまいります。

 
■『ユニゾンリーグ』

 

Amazonアプリ

App Store

Google Play

公式Twitter



© Ateam Inc.
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高317億3900万円、営業利益12億7300万円、経常利益12億4900万円、最終損益5億1900万円の赤字(2020年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る