バンダイ、HEROZが開発したAI技術を活用したデジタルTCG『ゼノンザード』をリリース!


 

バンダイカード事業部は、9月10日、AI技術を活用したデジタルカードゲーム『ゼノンザード』の正式サービスを開始した。App StoreとGoogle Play、アマゾンアプリストアで配信している。

本作は、AI技術を活用したデジタルカードゲームの新ブランド「AI CARDDASS<エーアイカードダス>」の第1弾で、HEROZが開発した AI(人工知能)「HEROZ Kishin」で培ったディープラーニング等の機械学習のノウハウを活かし、開発された「カードゲーム」対戦特化型AIを搭載している。

今までのカードゲームのようにパターン化されたCPUや人との対戦だけではなく、プレイを通じての「AI 育成」や、「人間とAIの対戦」・「人間とAIの共闘」という新たな 面白さを加えた新世代のデジタルカードゲームになっているという。 

●本格派デジタルカードゲーム
200 種を超える美麗イラストカードと 3 つのカードゲーム要素「フォース」「フラッシュタイミング」「移動式マナシステム」を組み合わせて、リアルカードゲームさながらの頭脳戦を繰り広げることができる。


●個性豊かなバディ AI「コードマン」
プレイヤーのバトルをサポートし、ともに成長していく AI「コードマン」。レベルやプレイイングに応じてコードマンの性格は様々に変化し、親密度が上がるとそれぞれのストーリーも解禁される。個性豊かな 16 体からバディとなる 1 体と契約しよう。CV を務める豪華声優陣にも注目。


●バディ AI によるアドバイス機能
バトル中、次の一手に迷ったらバディ AI が状況に応じたアドバイスを与えてくれる。さらに、デッキ構築では、無限の可能性からより良い選択肢をバディ AI が提案してくれるので、カードゲーム初心者も安心してプレイすることができる。


●カードゲーム特化型 AI とのバトルに毎日挑戦
カードゲーム特化型の『オフィシャル AI』6 体が日替わりで出現。ランクマッチやフレンドマッチで鍛えた実力を試してほしい。さらに、シーズン毎に開催されるイベントでは、『オフィシャル AI』を凌駕する頭脳を持つ最強AI『ストライオ・ザナクロン』への挑戦権を獲得できる可能性があるという。


●ストーリー原案・世界観設定
『ブギーポップは笑わない』等で著名な小説家・上遠野浩平氏によるストーリー原案・世界観設定から生まれた重厚な物語がゲームのキーとなる。



■『ゼノンザード』
 

公式サイト

公式Twitter

GooglePlay

Amazon

App Store



(C)BANDAI・STRAIGHT EDGE
株式会社バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイ
設立
1950年7月
代表者
代表取締役社長 竹中 一博
決算期
3月
直近業績
売上高1188億200万円、営業利益76億100万円、経常利益104億600万円、最終利益80億3800万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
HEROZ株式会社
http://heroz.co.jp/

会社情報

会社名
HEROZ株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役Co-CEO 林 隆弘/代表取締役Co-CEO 髙橋 知裕
決算期
4月
直近業績
売上高14億8200万円、営業利益3400万円、経常利益8700万円、最終利益4900万円(2022年4月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4382
企業データを見る