【ゲーム株概況(10/9)】新作にらみでenishが物色対象に PS5発表で大手ゲーム株が軒並みしっかり マッコーリーの売却続くオルトプラスは続落

10月9日の東京株式市場では、日経平均株価は反落し、前日比131.40円安の2万1456.38円で取引を終えた。ウイグル族など少数民族への人権問題を巡る米中の対立が、明日10日から開始される両国の貿易協議に影響を与えるのではとの懸念から市場心理が悪化した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、enish<3667>やアエリア<3758>、ボルテージ<3639>などが買われた。enishは、今秋リリース予定の『HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD』など新作への期待感が引き続き評価の底流にあるようだ。

また、コーエーテクモHD<3635>が年初来高値を更新するなど大手ゲーム株が軒並みしっかり。SIEが「プレイステーション5(PS5)」を2020年の年末商戦に発売すると発表したことで、年末商戦の活性化がコンシューマゲームを手掛ける大手に恩恵として働くのではとの思惑も市場で働いているもよう。

半面、マッコーリー・バンクによる連日の保有株売却が続くオルトプラス<3672>は大幅続落し、アクセルマーク<3624>やシリコンスタジオ<3907>も売られた。シリコンスタジオは、発表された3Q決算までの進捗からみた通期計画達成への懸念が広がっているようだ。


■関連銘柄
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高41億1800万円、営業損益3億3500万円の赤字、経常損益3億7500万円の赤字、最終損益4億1500万円の赤字(2022年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3667
企業データを見る
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高43億8700万円、営業損益5億5600万円の赤字、経常損益5億2200万円の赤字、最終損益4億2000万円の赤字(2023年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る