【ゲーム株概況(10/10)】バンナムHDによるTOB発表の創通がS高…TOB価格3100円にサヤ寄せ 信用取引規制強化のオルトプラスは大幅続落

10月10日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比95.60円高の2万1551.98円で取引を終えた。米国でトランプ政権が米国企業にファーウェイ製品の一部の供給を近く認可すると報じられたことを受けて、両国の貿易協議が進展することへの期待が広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コロプラ<3668>が買い戻しの動きとなったほか、ミクシィ<2121>やAiming<3911>、ブロッコリー<2706>などが散発高した。ミクシィは、主力の『モンスターストライク』が6周年施策で連日App Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)の首位となっていることも株価の支援材料となっているようだ。

また、周辺株では、前日10月9日にバンダイナムコホールディングス<7832>による完全子会社化を目的としたTOBが発表(関連記事)された創通<3711>がストップ高した。TOB価格が3100円に設定されており、それにサヤ寄せする動きとなったもよう。

半面、オルトプラス<3672>が大幅続落し、サイバーステップ<3810>やgumi<3903>、アカツキ<3932>も売られた。オルトプラスは、本日の取引分から東京証券取引所と日本証券金融による信用取引規制の強化が行われたことも嫌気されたようだ。


■関連銘柄
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る
株式会社創通
http://www.sotsu-co.jp/

会社情報

会社名
株式会社創通
設立
1965年10月
代表者
代表取締役社長 難波 秀行
決算期
3月
企業データを見る