【DeNA決算説明会2】今後の新作タイトルも有力IPタイトルが中心 クラウドサービスは注視も『スマホタイトルはまだ先』


ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>の守安 功社長(写真)は、この日(11月6日)、2020年3月期第2四半期の決算説明会で、今後の新作タイトルとGoogleの新サービス「Stadia」についてコメントした。

同社は『マリオカートツアー』と『ポケモンマスターズ』という2つの強力なIPタイトルを運営しているが、新規タイトルへの影響はないそうだ。同社の新作は有力なIPタイトルを中心に取り扱っていく方針とし、来年、再来年を見据えその準備を着々と進めているという。(守安社長)

なお会場からの質問でGoogleのクラウドゲームサービス『Stadia』についてコメントを求められた守安社長は、「Stadiaなどクラウドゲームサービスは注視しているが、今の段階ではコンソールの流れが強い。スマートフォン向けに関してはまだ先になるのではないか」とその見解を示した。

ただしその影響力は守安社長も気になっているようで、「『Stadia』が開始した後、どのような使われ方になっていくのか、それがスマートフォン向けにどう影響するのかを見極めていきたいと、語っていた。
 
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1367億3300万円、営業損益282億7000万円の赤字、税引前損益281億3000万円の赤字、最終損益286億8200万円の赤字(2024年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る