モバイルファクトリー、『駅メモ!』や『駅奪取』で実施した2019年のO2Oイベントの経済効果を15億円と試算



モバイルファクトリー <3912> は、本日(1月23日)、『ステーションメモリーズ!(略称:駅メモ!)』をはじめとする位置情報連動型ゲームにおいて、2019年に実施した O2O イベントの経済効果が15億円だったとの試算を発表した。

同社では、2019年においては全国各地で11のイベントを開催し、約36万人が参加したという。観光庁が発表する全国観光入込客統計データを基に試算したという。

今まで取り組みのなかったエリアでのイベントや、2回目・3回目と繰り返しで実施するイベントなど、新しい取り組みを行った1年だった、としている。
 
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る