【ゲーム株概況(1/24)】『メダロットS』の好発進でイマジニアが大幅続伸 合弁会社設立のオルトプラスも買われる ユナイテッドは大幅続落

1月24日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら反発し、前日比31.74円高の2万3827.18円で取引を終えた。米国でインテルが好決算を発表したことを受け、半導体関連株などに買いが先行した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感などが根強く、上値は重い展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、イマジニア<4644>が前日に続いて買われ、ザラ場ベースで1500円台に乗せる場面もあった。イマジニアは、前日1月23日にリリースした『メダロット』シリーズの最新作となるスマートフォン向けRPG『メダロットS』がApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)で早くも12位に入ってきたことが株価の刺激材料となったようだ。

また、前日にアイディアファクトリーと合弁会社アイディアファクトリープラスを設立することを発表したオルトプラス<3672>も買われ、イグニス<3689>も3日ぶりに大幅反発した。

半面、ガンホー<3765>とミクシィ<2121>がそろって昨年来安値を更新するなどさえず、enish<3667>やアクセルマーク<3624>、ボルテージ<3639>などの下げもきつい。

周辺株では、1月22日に2020年3月期通期の大幅減収減益や事業ポートフォリオの再編を発表したユナイテッド<2497>が大幅続落した。


■関連銘柄
株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高59億4900万円、営業損益2億9200万円の赤字、経常損益1億9800万円の赤字、最終損益1億3900万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3672
企業データを見る
イマジニア株式会社
http://www.imagineer.co.jp

会社情報

会社名
イマジニア株式会社
設立
1986年1月
代表者
代表取締役会長 兼 CEO 神藏 孝之/代表取締役社長 兼 COO 澄岡 和憲
決算期
3月
直近業績
売上高45億6900万円、営業利益6億3500万円、経常利益8億5700万円、最終利益4億9600万円(2018年3月期)
上場区分
ジャスダック
証券コード
4644
企業データを見る