【速報】スクエニHD、3Qは売上高4%増、営業益2.2倍に 『ロマサガRS』や『DQウォーク』の貢献でゲーム事業好調

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、2月5日、2020年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表、売上高1897億円(前年同期比4.4%増)、営業利益277億円(同124.3%増)、経常利益279億円(同68.4%増)、最終利益191億円(同106.6%増)となった。

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』や『ドラゴンクエストウォーク』の好調でデジタルエンタテインメント事業の営業利益が前年同期比93.6%増となったことや、出版事業がマンガアプリの「マンガUP!」や電子書籍等のデジタル媒体での販売が大幅に増加するなど好調だったことが業績をけん引した。
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3325億3200万円、営業利益472億2600万円、経常利益499億8300万円、最終利益269億4200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9684
企業データを見る