【ネクソン決算説明会速報】中国でのコロナウイルスの広がりのゲームへの影響は「大きな変化は出ていない」 『アラド戦記』は3月に主要アップデートを予定


ネクソン<3659>は、2月13日、2019年12月期の連結決算(IFRS)を発表するとともに東京都内で決算説明会を開催した。その説明会の席上で同社のオーウェン・マホニー社長(写真は2018年12月期の第2四半期決算説明会にて撮影)は、中国でのコロナウイルスの広がりがゲームに与える影響について、「大きな変化は出ていない」とコメントした。

また、コロナウイルスが現地のパートナーなどに与える影響などへの懸念を口にしていたが、現時点では大きな問題は生じていない模様だ。

なお、中国市場向けでは主力タイトルに『アラド戦記』が6月以降ユーザー指標が低下している状況にあるが、レベルキャップ開放や三次覚醒などを含む内容の主要アップデートを2020年3月に実施予定としており、このアップデートで立て直しが進むことを期待しているとのこと。
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る