enish、未来型アクションRPG『VGAME』に毎日引ける無料ガチャを実装 育成ダンジョン超級の追加や次元ドリンクに関する調整なども実施


enish<3667>は、本日(2月28日)、未来型アクションRPG『VGAME』の大型アップデートを実施し、毎日引ける無料ガチャの実装に加え、育成ダンジョン超級の追加や次元ドリンクに関する調整などを行ったことを発表した。

主なアップデート内容は以下のとおり。

①無料ガチャの実装
・ノーマルガチャ:無料分(1回)を実行してから24時間後に再度無料分が実行できるようになった。
・レアガチャ:無料分(1回)を実行してから48時間後に再度無料分が実行できるようになった。

②次元ドリンクに関する調整
・回復量の調整
1時間で次元ドリンクが50回復するように調整した。結晶を使用してスタミナを回復した場合次元ドリンクが180回復するように調整した。

・消費量の調整
以下のコンテンツで調整を行った。

消費量(現状→修正後):
育成ダンジョン初級:10→7
育成ダンジョン中級:20→12
育成ダンジョン上級:30→17
閾霊狩り:15→10
閾霊狩り上級:40→20

また、1日の次元ドリンク交換回数の上限を撤廃した。
※これに伴い、VIP会員が各ダンジョンをクリアした際に追加で得られる報酬量を2倍にした。

③目的地の表示/自動移動
メイン画面上に進行中のメインストーリー内容と詳細確認、自動移動ができるボタンを追加した。



そのほか、育成ダンジョン超級の追加やレイド報酬調整などを行った。

■「第2回開発だより」を公開
公式サイトにて「第2回運営だより」を公開した。3月以降に実装予定のPvPや協力型バトルなどの最新情報を掲載している。

今後のアップデートについて:
・自分以外のプレイヤーとの協力型クエスト
現在の「レイドボス」と異なり、複数人のプレイヤーが同一画面上で協力してプレイできるコンテンツ

・プレイヤー同士の対戦(PvP)
育成した白翼の強さを確かめられるプレイヤー同士の戦いの場


■『VGAME』

 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play



©enish,Inc. ©VANEPLUS PRODUCTIONS
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高38億9200万円、営業損益2億5700万円の赤字、経常損益2億6700万円の赤字、最終損益2億7900万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3667
企業データを見る