アニメ制作大手のA-1 Pictures、20年3月期の最終益は990万円【お詫びと訂正】

アニメ制作大手のA-1 Picturesの2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の決算は、最終利益が前の期比87.9%減の990万円だった。前の期(2019年3月期)の実績は8195万円だった。本日(6月29日)付の官報に掲載された決算公告で判明した。

【お詫びと訂正】
当初、公告の単位を見間違え、9907万円と記載しておりました。お詫びして訂正致します。


同社は、アニプレックスの100%子会社で、アニプレックスのアニメ作品などの企画・制作を行っている。

この期は、『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』や『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』『22/7』『劇場版 ハイスクール・フリート』などの制作実績がある。

なお、WFSと共同で運営していた『ららマジ』については6月3日をもってサービスを終えた。

 
株式会社アニプレックス
https://www.aniplex.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社アニプレックス
設立
1995年9月
代表者
岩上敦宏
決算期
3月
直近業績
・売上高:2062億2200万円(前の期比36.6%増)
・営業利益:534億5300万円(同81.9%増)
・経常利益:537億5100万円(同84.2%増)
・最終利益:369億3600万円(同100.5%増)
上場区分
未上場
企業データを見る