DeNAとTBS、電子マンガ事業「マンガボックス」を合弁事業化 TBSがマンガボックスの第三者割当増資を引き受け株式の49%を取得

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>と東京放送ホールディングス(TBS)<9401>は、7月7日、DeNAの子会社であるマンガボックスを合弁会社化したことを発表した。合弁会社化は、マンガボックスがTBSを引受先とする第三者割当増資を実施する形で行われ、TBSはマンガボックスの株式の49%を取得し、DeNAは51%を保有することになる。

「マンガボックス」は、人気マンガ家の連載作品が読める週刊マンガ雑誌アプリとして2013年12月にDeNAが創刊。1500万ダウンロードを達成し、国内電子書籍市場において、現在は20~30代の男女層を中心に幅広く安定した利用者数を誇っている。また、IP開発に注力し、「恋と嘘」や「ホリデイラブ」など複数のオリジナル人気作品を生み出している。

一方、TBSでは、「グループ中期経営計画2020」において、コンテンツの強化ならびに総合メディア戦略の推進を掲げている。メディアが多様化し、コンテンツビジネスの変化に対応するためにも、今後は、オリジナルIPの開発を強化し、多面的にビジネス展開していくことが重要であると考えているという。

今回、TBSの映像分野における制作力および媒体力と、DeNAが培ってきたマンガボックスのIT分野における編集力とマーケティング力を掛け合わせることで、既存の枠にとらわれない新しい時代のコンテンツIPの創出ならびにクロスメディア展開を行い、より豊かなコンテンツ体験を提供していくとしている。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る