【ゲーム株概況(8/31)】新作『五等分の花嫁』が事前登録30万人突破のenishが大幅反発 BOIは一時S高も一巡後はマイナス圏に沈む荒い値動きに

8月31日の東京株式市場では、日経平均は4日ぶりの反発となり、前日比257.11円高の2万3139.76円で取引を終えた。自民党の総裁選に菅官房長官が出馬を検討しているとの報道を受け、現政権からの政策の継続への期待から買い戻しの動きが広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、新作『五等分の花嫁 五つ子ちゃんはパズルを五等分できない。』の事前登録者数が30万人を突破したことを発表したenish<3667>が大幅反発したほか、ギークス<7060>や日本ファルコム<3723>、モバイルファクトリー<3912>などが高い。

また、ミクシィ<2121>やガンホー<3765>など主力株の一角も買われ、コナミHD<9766>が3日ぶりに反発し、4000円台を回復した。

半面、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、一時ストップ高まで買われたものの、一巡後はマイナス圏に沈むなど荒い値動きとなった。

ほか、グリー<3632>やAiming<3911>、カヤック<3904>などがさえない。


■関連銘柄
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高40億7300万円、営業損益5億9600万円の赤字、経常損益6億4100万円の赤字、最終損益10億4400万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3667
企業データを見る
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
http://www.boi.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
設立
2006年1月
代表者
樋口智裕
直近業績
売上高50億5200万円、営業利益5億2700万円、経常利益5億900万円、最終利益3億6300万円(2018年9月期)
上場区分
東証マザーズ
企業データを見る